ブログ

内部SEOにおいて、効果抜群!でも基本的な方法

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

bandicam 2015-05-01 20-17-32-086

どうも!
まごころマーケティングで、
あなたに価値ある情報提供を約束する、ジミィおにでらです

今回もSEOについて学んでいきましょう

内部SEOについて、いくつかお伝えしていっています
その中でも「ここはもっと詳しくお伝えせねばな」とか「ここ省いてもえぇでしょ・・
というところは、結構あります

今回は、そんな基本的なんだけど、
だからこそ効果抜群な方法をお伝えします

本当に基本です
しっかり読み込んで貰い、落としこんじゃってくださいね(^_^

ページ内の記載内容に魅力を持たせる

ページ内の記載内容そのものは、
検索エンジンにとっても非常に重要です

読み手に魅力的な価値を提供しているサイトは、
検索エンジンからの評価も高くなります

その為にはいくつかの要素があります

独自性がある文章を書く事

自分だけのオリジナリティがある文章は、
検索エンジンから評価されます

ここは非常に重要です!

「独自性」は内部SEO の中でもかなりの確率で、
検索順位に影響を及ぼす要因の一つと考えられます

逆に、独自性がないものは、
なかなか検索エンジンから評価されません

というのも、既に似たようなページが存在する場合、
後発のページを上位に表示させる意味がそもそも無いからです

例えば、あるページを参考に、
少しだけ言い回しを変えて記事を更新しても・・
内容がほとんど同じ場合、後から更新したページは利用者にとっては、
有益な情報であるとは言えないですよね?

相手に価値を与える=ビジネスであると別コンテンツでお話していますし、

同じようなページが二つ並ぶくらいだったら、
最初のページだけが上位に表示されるようになります

検索エンジンが独自性を判断する上で見ているポイント

ズバリ、ページに含まれる「単語の種類、組み合わせ」です

既に存在するページと「単語の種類、組み合わせ」が近い(似ている)場合、
検索エンジンから評価されづらくなります

「単語の種類、組み合わせ」を増やす為には、
ページに含まれる単語量を増やすのが効果的です

単語数が多ければ多いほど、
検索エンジンが評価できる「単語の種類、組み合わせ」が増えていきます

300 単語含まれるページ900 単語含まれるページを比べると、
検索エンジンの評価対象となる「単語の種類、組み合わせ」が、理論上3 倍もの違いとなります

この評価対象となる「単語の種類、組み合わせ」が多いページは独自性も高くなり、
上位に表示される可能性がかなり高くなります

分かりやすく、読みやすい文章を書きましょう

あとは・・ 読みやすい文章を書く事ですね

僕はよく文章ミス、変換ミスもあるんですけど・・
これらがも多い雑な文章を書かない事が重要です

また適度に段落分けをして、読みやすくする事も効果的です

要は「分かりやすい文章を書けばグーグルさんに気に入って貰える」
ってことです\(^o^)/

やってはいけないことについて詳しく

既存のコンテンツの焼き直しやコピー

他人の既存のコンテンツをコピーすると著作権的にも問題がありますが、検索エンジンか
らの評価も下がりますから、やめましょう

既存のコンテンツのリライト(書き換え)

既存のコンテンツをリライトしても、
検索エンジンから評価されづらい傾向があります
なのでパクるとか書き換えるなどはやらないほうが無難です

ですが・・
実は、リライトのやり方もコツがあります

これは別コンテンツでお伝えしてます( ^ω^)

(参照 リライトのススメ ~ネタがない?記事が書けない?ならパクってしまえッ!~

リライトの悪い例

「ネットビジネスでは、アフィリエイトという手段が今も昔も変わらず主流となっています」
と記載するのと、
「ネットビジネスにおいてアフィリエイトという手段は今も昔も変わること無く主流となります」

と記載するのとでは、一見すると異なる文章になっていますが、
含まれる「単語の種類、組み合わせ」はほぼ同じになっています

単語の種類として「ネットビジネス」「アフィリエイト」「手段」「今 昔」「主流」と、それ
以外の細かな単語「では」「という」「が」「も」などを分解できます

これ、見てわかるとおり、
主な単語である「ネットビジネス」「アフィリエイト」「手段」「今 昔」「主流」と、
その位置関係がほぼ重複しているのです

それ故に、
これらの記載は検索エンジンの目線で見ると似たような情報だと判断され、
後から書いたものについては上位に表示されにくくなります

多少のリライトは問題ないですが、
ページ全文が上記のようなリライトで占められていると、
上位表示が難しくなってしまいます

自分のサイト内で重複するコンテンツを作る

自分のサイト内でも同じ内容を作ると、検索エンジンからの評価が下がります

例えば、「ネットビジネス」というページを元にして、「インターネットビジネス」という、
単語を付け加えただけのページをを作成したとします
すると、ほぼ同じページが二つ存在する事になり、検索エンジンからの評価が低下する可能性があります

同じカテゴリー内でコンテンツを作成するには、名前が重複するのは仕方ないかもしれませんが、
極力単語は被らせず作ることを心がけましょう

以上!これさえ決めれば大丈夫!
な点をお伝えしました( ・`ω・´)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る