ブログ

「井の中の蛙になりたくない」と思っているあなたへ、物申す

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

bandicam 2015-05-20 20-00-01-711

ジミィおにでらです

今回もビジネスマインドを磨いていきましょう

 

このタイトルをみて
「え、なんか違うぞ・・?」と思われたかもしれませんが

だってブログのトップサムネにはデカデカと
「僕らのやろうとしてることも常識とは違う」みたいに書いてますからね^^;
僕の好きなキャッチのひとつです
(参照 トップページ

 

常識とは違う事をする、それはつまり
「型破りをしてやろうぜ!」っていうことかを思われたかもしれません

 

確かにインターネットビジネスをやり続けていれば、待っているのは「非凡な結果」

サラリーマンの生涯年収を、わずか一年で稼いでしまう人だって
ゴロゴロ居る意味の分からない世界です

 

まぁ、僕にビジネス教えてくれてる指導者がそういう人です(笑)

 

じゃあ、そんな常識はずれな結果を残すってこと、つまり

「型にはまらず生きるんだよぉ!」
っていうことを、ジミィさんも推奨してるんだよね?と、そう聞かれたらもちろん「ウン」と言います

 

ですけど、僕が言いたいのは「井の中の蛙でOK」ということです

今回は、いつも言ってることとはちょっと違う、若干矛盾染みた話です

井の中の蛙になれ

もう一度言いますが、今

「え~・・?」って思われましたよね

 

よく自己啓発のセミナーや、ネットビジネス実践者が声大にして
言ってることは「井の中の蛙になるな!」ということでしょう

ですが僕は、とことん
「井の中の蛙になる」ことをオススメしていきたいです

 

僕の知人の話ですが

その人は大学時代の英語の成績だけは、ぶっちぎりトップだったらしいんです

なので、物凄く英語力に長けた人物でした
(ちなみに僕は中3の頃英検5級同時に受けてオチました^^;)

 

高校を出たら語学留学でオーストラリアの大学で英語を徹底的に学び、
そのあとの就職先だって大学の教授に斡旋されて、英語力を抜群に活かせる会社を選んでいました

いくつもの会社からのドラフトを蹴っ飛ばしてまで、
一流大手の企業で、世界に羽ばたく事となったのです!!

 

めでたしめでたし

 

 

 

 

とは、ならず・・

結局、その人は、その会社で活躍することは出来なかったんです

 

なんで鳴かず飛ばずだったの?
と聞いてみると、実は就職先の会社のほとんどの人が
帰国子女や英語圏出身の、いわば「ネイティブ」だったんです

 

当たり前ですが
赤ん坊の頃からマジモンの英語で育ってきた人達ですからね・・

そんなガチ過ぎる環境で育ってきたその人達に日本の中の英語しか知らないその人が
適うわけなんて無かったんですよ

 

あくまで「日本国内」という土俵だけで勝負してたその人は
そんな圧倒的過ぎる環境に挫折し、依願退職したんです

現在は地元の駅前で英会話教室を開いているみたいですけどね
「俺は甘かったなぁ・・」みたいに言ってた彼の顔は、僕には達観して見えました

井の中の蛙、大海を知らず

彼は、確かに考え方が甘かったのかもしれません

自分が思っていたより遥かに凄い人らが出てきた・・
それを想定してなかったわけじゃないが、いざ目の前にすると、ビビってしまって立ち止まる

 

生きていると色んな種類の「壁」がありますがこれも、そのうちのひとつなんでしょうね

 

だからこそ人は
「井の中の蛙になるな!」と、口酸っぱくして言ってるんだと思います

 

その「油断してはならぬ」という考え方自体は僕にもありますし
100%に近いぐらい正しいことです

 

ですが、それでも言わせてもらいたいのですが、
別に「井の中の蛙になる」こと自体が悪いことだとは思えません

ここまで言っといて結局何を申し上げるかと言いますと、
自分が得意だと思ってることだって、同じ場所に居る人と比較すれば得意なんて言えなくなるって事なんです」

 

たとえば、英語が苦手だと言ってる人がいるとしましょう

まぁこれ、かなり極端な事言いますけど^^;

「英語がまったく使うことが出来ない小学生の中に入れば、その人は英語が得意」となるでしょう

さすがに「ABCの歌」くらいは歌えるでしょうし(笑)

 

このように、自分の得意分野なんてものは、
環境次第であっさりと絶対的なものじゃなくなるんです

肝心なことは、まわりと比較してどうなるかってことで、
自分の持ってるスキルうんぬんが「どこで通用するか」を探すことにあります

 

ちなみに・・
この英語が苦手な人、
高校3年の時になんのキッカケかは知りませんがみるみる頭角を現し
英語を選考できるような大学の学科に行って、グローバル化を推進する企業に就職

そのあと、挫折を味わい退職、その後は何の縁か、小学生に英語を教える事になったみたいです

 

まぁ、さきほどの彼のことなんですけどね。これ

大事なのは、そのスキルを使う「環境」

さて、僕は現在セレモニーアドバイザーとして従事しており、儀式の中の司会業も専任しています

 

大切なご葬儀の司会なので気は抜けません。で、今現在専任してるこの業務

この程度が出来るスキルなら
かつて僕の居た事務所の連中なら全員やれるような事なんです

 

中小企業の広告のナレーション、カフェの店内放送係や
ゲームセンターの実況係などいろんなお仕事がありましたが、全て取り合いで・・

 

アニメ以外の仕事だってバンバンやりたかったのに
事務所預かりの僕には全然回ってくるわけもなかったんです

 

「ご葬儀の司会」
みたいなのもありましたけどね
他の人で得意な人が居ましたから、やはり僕の出る幕はありませんでした

やっぱ色んなスキルが足りねーんだな、声の仕事なんて無理だなぁ・・ と挫折し

実家に帰って地元企業に就職して働いていた、そんなある日

 

上司から
「声優とかしてたんでしょ?司会できる?」と言われ

試しにやってみたら「すっげぇ!さすがプロやってただけはあるね!」

 

繰り返しますが、僕ぐらいのスキルの人間なんてプロの世界にはゴロゴロゴロゴロ居るんですよ

 

僕なんて端っこでうずくまって
半べそ欠いて仕事クレクレ言ってるような、言い方悪いですが「乞食」でしか無かったんです

そんな人間に「さすがプロ!」という一言は響きました

 

その時思ったのが
「僕はローカルで一番取れれば、それで良いのかもしれないな・・」ってことでした
(参照 プロ意識を履き違えているあなたへ、物申す

 

それからセレモニーの司会者として務めて早4年目になろうとしています

おそらく、この葬祭業という職に今一度就くことがなければ
そういう「一番になることの大切さ」にも気付けなかったでしょう

 

「お山の大将のススメ」
なんて言ってみたりしましたが、
とにかく大事なのは「その環境で一番になっている」という事

当たり前だと思っている自分の持ち合わせたスキル

 

それは別のどこかに持っていけば
素晴らしい活躍の場を提供してくれる事だってあるのかもしれません

 

そんな出会いもある、そう感じる事もできた今なら
胸を張って言うことが出来ます

「井の中の蛙に、なれ」

(井の中の)トップを狙え!!!!

くどいほど言いますが、なんといってもトップになることが大事なんです

 

トップになれるんなら、たとえ井の中の蛙だろうと上等です

それでも「井戸の外を見たい」と言うのなら、
それは井戸の中でトップをとった後でも全然遅くありませんよ

 

インターネットビジネス市場だって同じことが言えます

 

例えば、あなたが月収一万円を達成したとしましょう
ネット富裕層が毎年生まれている中で「たった一万ね・・(´・ω・`)」
と思われるかもしれません

 

ですが、されど一万円です

 

このネットビジネス業界は
95%の人が月5000円稼げずに毎回去っていくと言われてる世界なんです
(参照 勘違いしちゃいけないインターネットビジネスの真実

 

そんな稼げてない人達にしてみれば、
あなたが「たかが」としてる一万円だって、羨望の眼差しで見られるワケなんです

 

その後進に、あなたのスキルを伝えていくのが今後の義務だと考えて下さいね

そして、インターネットビジネスにはステージがあります

 

ドのつく初心者さんには、一万円稼ぐためのステージが
1万円稼げた人は、5万円から10万円稼ぐためのステージ
10万からを安定して稼ぐことができたなら、その上の100万円~を目指すためのステージ
100万円を得れたなら、次は~~

というステップアップこそが、定石なんです

 

始めたばかりの人によくある勘違いが
「アフィリエイトって億稼げんだろ!?
じゃあ最初からそれ目指した方がはやいやんけ!!!!」
って言って、いきなりファイティングブルモードで突っ走って、結果・・

「稼げねぇ!ダメだ!死ね!」みたいになっちゃう人が、山のように居ます

 

そんな人に往々に言えるのが
「正しいステップを踏んでないこと」

全ては、そのステージごとを淡々とクリアしていきながら実績として積み上げていくものです

 

冒頭で、僕の指導者(メンター)が億稼ぐプレイヤーだと
言いましたが、その人だって最初は月一万円を稼ぐところからスタートしました

今は僕みたいな中間クラスを指導する立場となっていますから
この世界を、そこそこ知ってる人間が指導を受けて丁度いいくらいのコンサルティングをして貰えます

 

だから何も知らない初心者がそこへ習いに行って、一気に億稼げるか?
といえば、ネットビジネスはそんな甘い世界でもないわけで
(大体ついてけずパンクします・・)

 

ですが、
「何も知らないけどネットビジネスの実績をイチから作りたい!」
そんな人達のために、僕みたいな存在が居るわけなんですよ

 

これが
副収入ながらも月数十万を売り上げるという、僕の存在意義だと思って活動しています

トップに君臨出来るような絶対的な力を持つ事は
どんな世界の、どんなひとだって理想としています

 

ですが、当然ながらそれには時間がかかりますし、
確実に「正しい努力の分配」をしなければ、余計に時間も労力もかかってしまいます

なので、大事なこと

それが「井の中の蛙」となることであり、まず今自分の居る位置をキチンと踏みしめることです

 

少しづつでも良いから結果を残し続けていくこと
それらは、確実に血肉となって、自分の中に残っていくようになるんです


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る