ブログ

定価の値段で商品を売りまくる、外道上等な方法

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

bandicam 2015-07-12 22-38-32-247

どうも!

まごころマーケティングで、
価値ある情報提供を約束する、ジミィおにでらです

今回も心理操作術について語っていきましょう

しかし・・

あのね、僕もアクセス解析ツール使ってるんでよく見てるんですけど

 

アレですよ
僕のブログコンテンツ内で、ブッチギリトップに入ってるのが、
この「心理操作術」コンテンツなんですよ

 

みんな、心理的なアレコレに興味はあるの分かりますけどね!

GIMP画像の編集とかWordpressの編集とかも、
結構作るのは手間かかったんですけどね~~(しみじみ)

怒らせたら怖いんだ・・!とか、それだけで200PVいってるって、オイなんやねん(笑)

ですが皆さん、それだけ興味深いってことですからね、
これからもバンバン作っていきましょう。割と軽めな小手先系から、ディープなとこまで、
大いにやっちゃいます\(^o^)/

 

で・・ ちょっとおもしろい光景を目にしたので、シェアします

 

骨董品や、和物のアンティークが好きなので、
よくそういう系の市に行ったりするんですが、そこで、ある画が売られていたんですよ

なんか・・ 水墨画?みたいな。春画か?っとも思いましたけど

で、もう終わり際だったんですけど、
案の定売れてませんでした(´・ω・`)      あ~あ~ 売れ残りだなぁって

それ見届けて帰ろうとしたら、売っている店主らしきオッサンが、
えらい真剣な面しだしたんですよ

なんかいな?  って思ったら、ペン取り出して

定価 20,000円  のところを

 

 

   20,000円
定価 50,000円

 

ってしたんですよ

 

 

 

こんのボケがぁ!!(#゚Д゚)

 

って思ったんですが、そも数分後・・

 

オバサンがやってきて、これ、なかなか良いよねぇ的な話しとるんですよ!!

 

オイオバハン!!アンタ騙されとるよ!!!って声出したかったんですが

オバサン「これ、いいね。くださいね( ^ω^)」             ( ゚д゚)ポカーン  でしたよ

いや、写真こそないですけど、
ふるくっさい江戸時代でいうエロ画像ですよ、春画って

まぁ・・アレとか出とるし(汗)

しかも定価二万円のモノが、あっという間に売れるという、摩訶不思議な光景

いや・・そりゃ騙くらかしてますけどね、思っクソ!

これやっちゃイカンだろ!
って思ったけど・・効果はあるっぽいですね。     今回はそんなお話

何事も、最初はデカく言えって法則

ま~、そういう事ですよ(笑)
最初はデカくはっっちゃいませんか?って話です

さっきのお話にもあった通り、人の心理ってやっぱ面白いですね~

あんなこ汚いクッソボロボロなエロ画像(江戸時代ver)誰が買うねんって事じゃないですか

でも、買っちゃう人居たんですよ\(^o^)/

普通なら絶対に買うワケがねぇってモノでも、
値段のちょっとした操作によって、購買に走っちゃう人も居るんです

そして、やっぱし心理学的に、こういうテクニックも存在します

 

「ドア・イン・ザ・フェイス・テクニック」
っていうらしいですが、これってまさに、ギャップを利用した心理操作なんですよ

思えば割と日常的に行われています

インターネットビジネスやら、
テレフォンショッピングやらでも、真面目な話すっごい極端に行われてます

商品販売の時とか、絶対にありますからね!

 

この商品は・・今回、3万円です\(^o^)/
なんですが、◯◯の条件付きで1万円にさせてもらいます!
っていう、アレです。よく目にしませんか?

で、これって、割とよくできてる心理術で・・
たとえ「あ、これ絶対、あとで値引きにかかるやつだな」って思ってたとしても

あ~やっぱしなぁ、これってお得だなあ

って感じに思っちゃいますから、心は揺れ動くんですよね。どう考えてても、
思ってしまうのが人間(笑)           これは不思議だなぁ~って思いますね

ポイントは、即出し

最初の交渉で「◯◯万円です!」って出したその後、
すぐ後に「実は◯万円です!」って感じに、すぐ後に安値の交渉をするのが良いです

これって実感あると思うんですけど、
二回目の値段交渉が遅れれば遅れるほど、なんていうか、
「耐性」がついてきちゃうんですよね

萎えてくるっていうか

効能は、遅くなってきますね・・

で、このドア・イン・ザ・フェイス・テクニック

販売に活かせるのみじゃなく、誰かに何かを頼みたい!って時にも、大いに効果を発揮します

 

僕がネットワークビジネスをやってる時に使ってたのが、最初に「この商品良いよ!買ってよ!」って言うんですよ

でも、相手は当然嫌って言いますよね?

で・・それでも、割としつこく粘るんです
(ココがポイント)

粘っても、絶対駄目なので・・

「了解、分かったよ。でもマジで良い話聞けるから、
 セミナーくらいは来て損は無いよ」 って言えば、大体来てくれました

 

そしてその後ケンカになったことありました(泣)

 

結局、ネットワークビジネスでは失敗しましたけど、
最初に頼みたい量より少し多めのお願いをして、断られたら少し粘ってみて、
そして本来のボリュームで頼むと

「まぁ、それくらいなら・・」
って感じで、引き受けてくれる可能性アップです

ですけど、相手にキレられる可能性もひじょ~~~にアップしますから、注意!!!

人に無理に頼み事をしたいっていうなら、やってみても良いかなって気もします

 

まとめ

高めのセールスした後、安値出されると買いたくなる

ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックのお話でした


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る