ブログ

ネットワークビジネスの傷跡

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

どうも、僕です。ジミィです。

 

「ジミィさん、ネットワークビジネスやってたんですよね?
どうでした?稼げました?」

 

そういう事を聞かれたのは、つい最近の話です。まぁ、結論から言うと、失敗です

2014年の8月頃、僕は誘いを受けてネットワークビジネスをやっていました

そして、その件で、
あるmixiのコミュニティを半強制的に追い出されました

傷跡の話

残念でなりません

というより、ガッカリって言った方が良いですね

 

僕は去年の8月くらいから10月下旬までにかけて、

あるネットワークビジネスのディストリビューターとして活動していました

 

ネットワークビジネスというものを少しお話します

まず、ネットワーク企業というのが存在します

 

そのネットワーク企業というのはすべて製品を持っています。製品のない会社は存在しません
参加するためには、まず自分がその会社の製品を買います

そして、ビジネスメンバーの登録をして、活動開始です

 

具体的な商品としては
「化粧品」、「健康食品」、「健康器具」、「通信機器」等があり、この製品を

自分の影響力によって流通させていくことになります
さて、収入はどのようにして得るのかについてですが、

商品を流通させて利益を出すのは、通常の小売と同じです

しかし、広告をする必要も、店舗を持つ必要も、社員やアルバイトを雇う必要もありません

 

なぜなら、製品を購入している愛用者が

口コミによって宣伝し、店対消費者ではなく、消費者対消費者で商品を売買します

 

店舗がないので、当然、社員もアルバイトも必要ありません

 

この様々な経費がネットワークビジネスでは浮くことになります

それを、製品を口コミで流通させているビジネスメンバーに還元しようということです

 

浮いた経費は半端なものではありません

その経費分が収入として入るのですから億万長者だって簡単になれるのです

・・

 

・・・・

 

・・・・・

 

億万長者(笑)

 

とまでは言いませんけど、このビジネスをやり続ける事によって得られるのは、

自分が誘って行った人間が売り上げた金額の数%をとれるという権利収入的な利益です

 

つまり自分が動かなくても自分が誘った誰かが活動を続けている限り、

半永久的に収入が得られる・・というものです

 そして、ハマり込む

僕は知り合いに連れて行かれたセミナーで話を聞いた瞬間、知人や中学の連中に電話をかけまくりました

 

もちろん断られました

 

聞いたことありますよね?「ネズミ講って。マルチ商法って」
だって、金銭を商品に変えただけの、システム的にはその類そのものですから

 

それを伝えずにセミナー連れてくるやり方もありましたけど、

 そのやり方やったらやったで、トラブルも多発です

 

ある友人からは電話がかかってきて

 

「おまえ・・ ◯◯やってんだってな? あいつに聞いた。

まぁ、とりあえず縁切りな。お前のやってることは絆を金に変える行為そのものだから」

 

と言ってガチャンと切られました

 

別の友人からは

「変なセミナーに連れてきやがって」とケンカになりました

 

で、それを世話役に言ったら

「そこで縁切るのはそれだけの縁だったって事だよ」  まぁ、ここで覚めれば良かったんでしょうけどね

 

しかし、僕自身は迷惑とかそういうのは無く、とにかく
「相手を稼がせる事が自分の利益に繋がる!」と信じて行動しました

それでも、自分の事しか考えて無かったから嫌われたんでしょう

自分の祖父の体調が悪いからしばらく会合行けない、そんな事を送った瞬間、LINEの誤送信かどうか知りませんが

 

「いや、親族が亡くなるどうとかじゃなく、とりあえず来れるなら来なよ?」

 

みたいな事を聞いた時に沸点が下がり。一気に寒気まで起こり、辞めましたけど

 

で・・

その後というとね、誰もLINEにすら返してくれなくなりました

既読は付きますけど、皆、何の反応もありません

やっぱり一度怪しい道に踏み込んだ人間は、とことん嫌われるらしいですね

 

もちろん職場になんて言えませんから
一人でコソコソやってた僕の姿は、かなり怪しかったでしょうし

とにかく、中学から高校にかけての友人、現在付き合っている人いない人含めて

たった二ヶ月で、全部無くした結果になりました

 

いや、ほんと

ビックリするほど何も無くなりますね

で・・ 今現在は、情報発信者、ネットビジネス一本なワケですが

あるコミュニティの管理人からメッセージを貰いました

mixiのコミュニティの、ある管理人からメッセージを貰いました

「あの、ネットワークビジネスやってた人はとりあえずブロックして退会なんで。どうでもいいんですけど。よろしく」

 

一言

 

いや、まぁ、当然でしょう

 

自身の地元を貶すようなトピックを立てて引っ掻き回したり、
開催されたオフ会で、参加表明無かったのに勝手に参加したりして、ガチ説教食らわされてますから

 

言わずもがな、これは全面的に僕が悪いです

 

電話が繋がらなかったとはいえ、
結果的にただ気まぐれで参加した体ですから

30歳の大人としては、あまりに非常識な行動です

 

「アンタいくつよ!?」
と、しきりに怒られたのは、頭から離れませんね

 

他参加者の目もあるから、何も言い返さなかったのも気に入らなかったんでしょう

 

そういう事もあり、僕はそこの管理人から嫌われています

 

何かイベントごとがあって、
そこに行きたいみたいにコメントしても 「来なくていい」と一蹴されたり

 

あと、謝罪メッセージ送っても、二度と送るなみたいに返されたかな?

 

問題児として扱われていたのは感触で分かりましたし

これはもう修復不可能だなって思ってたけど、でも、
コミュニティ自体にはかなり前から居たこともあって、愛着もあり・・

 

そこのコミュニティにまだ居たいって気持ちは強かったですから、まだ居続けました

ですが、つい先日「やっていた」から退会だって言われ、ハッキリと分かりました

もう、弁解とかそういうレベルじゃないって事

 

もう、メッセージの文面からも普通に読み取れます

 

他の人には顔文字を沢山使っているにも関わらず、
自分だけのメッセージには文字だけで綴って、最後に「どうでもいい」とオマケにつけた一言

 

これが僕に対する感情全てを物語っています

 

ネットワークビジネスやっていようが、やっていまいが、
いずれ何かを機に、こう言われていたでしょう

 

いや、管理人としては当然の決断ですけどね

 

僕を説教した時も、ギリギリまで思いとどまったとも言っていました

 

「あなたがここの古株だから追い出すのは躊躇した」とも言っていました

 

それでも、こういう結果になったからには、
甘んじて受け入れて、黙って去るしかないんでしょうね

 

ネットワークビジネスという他者を巻き込もうとする商法に手を出したからには、
そういう素質がアリアリだったってことだから

 

また何か変なことやりかねないとも限らない、だから「苦汁の末」退会処分にする

気持ちを少し考えれば、そういうことだと思います

 

リスクを少しでも取るのは管理人の役目です

もし僕が管理人でも、同じ事をしていたでしょう

 

あとがきの最初に残念と言ったのは、ここを去らねばならんということ

 

ガッカリというのは
認めて貰えなかった自分自身にということです

 

せめて話し合いをするべきだったんだけど

 

ここで消化不良を起こしたら

互いの媒介で互いの罵り合いの上、冷戦勃発ですから。それはあまりに醜い

 

ただ、今まだ(傍から見たら)同じことしてる僕を

彼は認めてくれるワケありませんから

 

最後に

と、語ってみましたけど

 

さてこれ、どうでしょうか? って話なんです

 

僕はまだネットワークビジネスのコミュニティに入っているし、

僕に声をかけてきた人を逆に「インターネットビジネスの世界」に引っ張り込むことに成功してます\(^o^)/

 

それはともかくね

 

中途半端にネットワークビジネスに手を出した結果、
中学時代の友人が軒並み音信不通になって自分が、長年居たコミュニティも辞めざるをえなくなって
(勧誘はしてませんよ)

そこの管理人には嫌われ、正直いって心はズタズタでした

それ以上に、迷惑をかけた相手に対して謝罪の言葉を言って回るべきなんでしょうが

 

この話をした瞬間、
相手がカチンコチンに固まるのが最近は快感になってきましたけどね(笑)

 

で、どうでしょう

あなたは、こういう僕の失敗談を見ても、ネットワークビジネスやりますか?

それとも、やめときますか?

ってお話です


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る