ブログ

二次色マーケティング

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

※ 今回は、アニメ関係の用語がひじょ~~に沢山出てきます
  アニメや漫画に興味無い方はそんなに楽しめないかもしれません
  そして僕はキモオタです

bandicam 2015-08-21 22-49-05-306

どうも、僕です。ジミィです

先日、コミケに行った面子とSkypeで話し合っていました

 

彼は、
僕がTwitterのアフィリエイトを教えた実践者で、現役バリバリの大学生

mixiで「就職どうしよかな~」

みたいな事言ってたのを見て、
僕のやってるビジネスの手伝いでもしませんか?と言ってみたら、やってみたいと言ってくれて

 

で、簡単な作業をしてもらったところ、ビックリするくらいのスピードで作業を終わらせてくれました

 

「これ、何も知らさずに終わらせるのは勿体ねーな・・」

と思って、僕が得意としてるTwitterのアフィリエイトを教えたところ、二ヶ月目で月収8万円稼いでました

 

やっぱし、稼げるアフィリエイト案件とジャンル、
正しい方向でビジネスやれば「月5000円も稼げない」なんて壁はめっちゃ簡単に突破できるんですよ

 

もちろん、色々「道具や材料」を差し上げたからもあるんですが・・(笑)

僕の教えを体現してくれたのが、なんかうれし~なって思ってます

 

「金稼ぐのよゆーっすwww」
とかって、世間ナメ出したので、甘く見るなよ!っつっておきましたけどね(^_^;)

で、そんな彼が、この度の「コミケ88」でにいってきたそうです

今回はそんな話

うまる~ん

Twitter関連の悩みかい?とか思ったら、そうじゃなく

「ジミさん、うまるちゃん好きでしたよね?」
って言われて

 

「あぁ、そうだね!

 今期一番だね!干妹くっそ最高だな!」

 

と言ったら、PDFファイルで、僕が欲しかったサークルさんの同人誌くれました

しかもR-18
(内容はヒロインとサブヒロインのイケない掛け合い的な奴です)

 

「・・うまるちゃんは、僕そっち系の目じゃ見てないんだけどな(;^ω^)」

 

と、思いつつも、
ありがたくいただきました。折角くれたものだし、ネ

 

あ、うまるちゃんに関しては、ググッて下さい
(どうでも良いと思われたならスルーで大丈夫です)

さぁ、地獄を楽しみな!!!

さてさて

今回のコミケも、なかなか暑かったみたいですね・・

 

コミケってのを知らなかったら悪いので説明しておくと、簡単に言うとアニメや漫画好きの祭典です

 

3日間を通して行われるんですが、総勢80万人が訪れるその会場は
日本経済の1%は確実に動いてるほどの大手市場へと成長してるとか、してないとか

真夏にも関わらず、同人モノ(アマチュア作の漫画やゲーム作品)
を求めた猛者たちが、シノギを削り合って、闘い抜く・・そんな三日間です

 

・・これ、嘘でもなんでもないですから

参加した事がある人間に聞いたら、恐らく同じこと言うでしょう

 

猛暑の中、大量のオタク連中が入り乱れる事で「戦場(いくさば)」
「地獄の釜」って言われる事だって多いんです

 

その大学生の彼は、そんな参加者の一人でした

彼はボーカロイドのファンで、
男の子にも関わらず「カイト」がスゲー好きって言ってる、なんていうか、ちょっと変わった趣向の持ち主で

サークル参加もしてたみたいですし、一般のお客さんとしても、三日間参加し続けていたそうです

 

そして、その友達も、
大阪・名古屋・静岡から集まった、高校時分からの友人、つまり歴戦の勇士達です

 

そんな彼らの購買の手際は、とても鮮やかで
独自のネットワークを使い切り、手に入れる事ができない作品は無い、ということで
要注意な買い手として、2ちゃんで叩かれた事もあるそうです(笑)

 

そして、そんな彼らが
目を血走らせて、全力疾走で買い物をしてるかとおもいきや・・

キャッキャ言いながら、すっごい楽しんでるんだとか

 

それと言うのも、仕切ってる人がすっごい良い手際で、的確な指示を出してくれるからだそうで

そのリーダー的な彼が居るからこそ、彼らも「戦場」と言われる場所だって存分に「遊ぶ」ことが出来るんですよね

 

さてさて。ここからは、彼の話を少しまとめながらお話します

 

そんな歴戦の彼らも、連日続く酷暑の中、相当疲弊していたみたいで・・

 

行く時の「ゆりかもめ(電車」から倒れそうだったんだとか
身動き取れませんからね・・ガチな話で。満員電車ってレベルじゃないです

 

もちろん、自身を冷やす道具は万全です

手製のアイスノンに、制汗スプレー、まわりへの配慮だって欠かさないナイスガイっぷり

 

らしいのですが、そんな戦士でも、この夏は参ったと、ぼやいてたんだとか

買い物をひとしきり済ませた時点で、一人がギブアップを出してたので、
コスプレ広場で色々みたり、写真とらせてもらったり・・

 

あとは「青鬼」に追っかけられたとか言ってました
(ニコ動で有名になったアレ)

 

そんな中、僕への土産で買ってきてくれた本は、とても貴重だったらしく・・

恐らく、くれなかったら同人販売処のメロンブックスかどっかに買いに行ってました

 

R指定だったのは、少し意外でしたが、それでも、ありがたく見させてもらいますm(_ _)m

 

トレンドを知る事

さて

彼の友達は、単純にコミケを楽しめたのみと言ってましたが

彼は、コミケを楽しむ以外に別の視点で、会場を見ていたそうです

 

例えば、彼はTwitterアフィリエイト実践者なので
・ 今のトレンド(流行りのアニメ・ゲーム)は何か
・ その関連で流すことが出来るアフィリエイト商品は無いか
・ さらに「ニッチ」な市場を開拓できないか

などなど・・立派に、ビジネスマンとしての目線を持って、歩きまわっていました

 

事実、Twitter市場は、

僕らみたいな「ヲタク」さんがユーザーの4割程度を占めていて、
その彼らの趣向を知るためにはアニメや漫画関連の欲が飛び交う「コミケ」という現場を肌で感じるのは、

ネットで調べるより1,000,000倍有効な市場調査だと言えます

 

彼の着眼点はなかなか凄くて、それ以外にも
「コスプレブースって・・ あれ、絶対業者みたいのが入ってますよね」

 

・・ほう、そう来たか、と

 

コミケの目玉のひとつに「コスプレ」があります

アニメや漫画作品・ドラマ作品の様々な衣装を着てる人達が、撮ったり撮られたりをしてる、そんなブースです

ただ単に衣装を着ただけの人から、
作品からそのまま飛び出してきたかのような、クオリティの高いコスプレをしてる人も居まして

 

そして中には物凄い格好をした、コスプレイヤーさんだって居らっしゃるんです

 

アニメとか、漫画って「なんちゅうカッコしてんねん・・」
っていうくらいの、キワドい露出をしたキャラが居ますよね。それを忠実に再現してるんです

で、カメラマン。いわゆる「カメコ」って言われる人達も
沢山居らっしゃいますが、そういう撮る専門の人達は99%が男です

 

カメラマンて、大概スケベ心丸出しな感もありますから、そういうカッコしてたら・・僕でも撮りたくなります

 

実はそこが「狙い」なんです

実は、そのコスプレイヤーさんは

グラビアや売り出し中のAV女優さんだったりするパターンが最近多いんです

 

何故そんな見せ物みたいな事をするのか?
といえば、簡単な話。宣伝広告

 

撮られた写真は、もちろん本人の許可が要りますが
大体そのカメラマンさんのブログやらSNSへとアップロードされます

そして、その被写体のクオリティが高ければ高いほど、
Twitterなら「お気に入り」「リツイート」 Facebookなら「イイネ」が沢山つきます

 

つまり、アピール・宣伝を、広告費ゼロ円でしてもらえるって事なんです

 

プロダクション側からしたら、
これだけ美味しい広告現場、他にはありません

しかも、その着てる衣装だって、宣伝対象です。ですから、その衣装の売上だって、当然伸びていくワケで

 

その衣装の販売元と売上金の何%でも貰うという契約しておけば、またさらにマネタイズを図ることが可能ですよ

 

・・という事を、彼の口から聞くことになるとは・・

 

そこに気づくとは、やはり天才か・・

 

Twitterだけじゃなく、今後彼は情報発信者となって更に稼いでいくでしょう

今はTwitterで稼ぐのが面白いらしいですが、
今後彼がどれだけ稼いでいくのか・・先が楽しみですね

 

ありえない!!(ドン!!)

にしても、僕の居るネットビジネス業界

そこと比較しても、びっくりするような値段の品も割とありますよね、同人界隈には

 

抱き枕カバーってご存知でしょうか?

端的に言うと、アニメキャラのイラストを印刷した、ただの枕カバーです

 

ですけどね・・5万とか、6万とか、信じられない価格で売られている事もあります

 

キャラにも色々あり、
大体抱きまくらって言ったら「等身大」のキャラの
(あられもない姿)のイラストが書かれている事が多いんです

 

そんなイラストを印刷した「布」が5万とか、6万・・

今回も、そんなイラストを模した枕カバーがあったみたいです

 

しかも・・10万円

長さは、くっそ長い感じで(8mとかそのへん)めっちゃ使い勝手は悪い、にも関わらず10万円

 

「何その枕!?」と聞いたら、
人外の女の子の枕カバーで、売ってたサークル主が持ってた部分からはウロコみたいのが見えたと言ってました

僕、この時点で何のアニメか分かった程度にはヲタクです
(モン娘 枕って検索して下さい)

 

しかし・・
そういう商品が出るのは分かっていましたけど、まさか10万て価格で売り出すとは・・

しかもそれ、完売してたらしいです(笑)

 

それも、割と早めに

 

もしコレが、在庫10個に設定してたら、100万円の利益
50個に設定してたら、500万円

まぁ、実際は技術料やら著作料やらがついて、情報商材みたいに総利益にはならんっぽいですが、

(参照 情報商材とは?

だとしても、
ビジネス教材も真っ青なくらい、高額商品が出回る場所なんだなぁって、つくづく思わされました

 

少人数でも、食えるビジネス

しかし、こういうのは、
同人誌即売会という現場だからこそ売れるのであって、
ネット通販というとこで売り出したとしても、年間で1つ売れるかどうかも怪しいです

 

しかも、今アニメ絶賛放映中でトレンドに乗っかった×ニッチな商品、
というマニア心をくすぐった結果、収益化に成功したケースです

安定性を求める事はなかなか難しいかもしれませんが、
でも、考えようによっては、これはこれで良いのかもしれません

 

10万円の高単価を買った、ということは
その買われた方々は「投資意識」がすこぶる高いワケで

しかも、商品がどんなモノかはネットなどで
色々見ることが出来る現状で、中身を知ってるにも関わらず買っていったワケなんです

 

これって、つまり「熱烈なるファン達」による購買なんですよね

 

おそらく、この抱き枕買われた方は、
次このサークルさんが何か出す商品なら、必ず買うでしょう

 

10万円より安ければ、尚の事売れます

 

「ターゲットを明確にしていた×トレンドに乗っかった」

コレ以上に大事な部分が他にあるかってほど、
ビジネスの王道を研究し抜いた結果の数字だなぁって、深く関心します

 

それに、一万円を10個売っても、10万円を一個売っても、結局同じ10万円ですし(笑)

「you、出しちゃいなよ」

と、そんな話で盛り上がっていたら、
「ジミさん商材出したらどうです?コミケとか同人とか専門の」
って話になりました

 

実際、そう考えたこともありますし、来年くらいに出したいなぁ~~って考えてます

 

今のTwitterとか、同人の売り手市場を見ても、
僕らみたいなガチンコでネット使って稼ぐ事やってないからなのか、
ど~~もネットの使い方が甘い人が多いですし

 

なんか、勿体無いなぁって思うんですよね

 

今の時代、ブログ・SNS、
自分を宣伝するのにネットは欠かせない存在です

ネットを使ってコミュニケーションを取る人は
かなり多いんですけど、まだまだ使いこなせてない感じです

 

Twitterなら、そこで宣伝するよりは自分のブログなどを作って、
そこでファン同士が交流できるコミュニティみたいな場をすれば、自身のファンを
さらに増やす事は出来ます

 

Youtubeを使って、イオストや漫画などの自身のスキルを見せれば、
同業の人達にだって一目置かれる存在になることは間違いないんです

 

もっとも、
「自分たちが好きでやってるから良いんです」
という声もありますから、無理強いなんて、絶対出来ませんが

「なんで伸びないんだろうな・・」
って悩む人に向けては、アドバイス出来る事が山のようにあります
ネットビジネスのスキルがあれば、
同人だろうがなんだろうがファン作る事なんて、割とアッサリ出来てしまいますから

さっき言ったコスプレのくだりなんて、ほんの一部ですし(笑)

 

だから、
「マーケティング初心者でも上級者をぶっちぎれるほどにファンを作る方法」
ってのを、これから少しづつ小出ししていこうかな~って、考えてます

 

・・需要があれば。ですけどね(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る