ブログ

所詮、イメージだけで善悪が決まるって話

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

bandicam 2015-08-31 22-27-38-358

どうも、僕です。ジミィです

先日自分の入ってるLINEグループでえらく盛り上がってる話題がありました

ビジネス関連のグループなので、
「なんの話だ?」と見ていたんですが、どうも「情報商材」に関しての話なんですよね
(参照 情報商材ってなに?優良商材を見極めて使いこなす方法

 

やっぱこういう話してるんだなぁ~~と思いきや・・

どうも、新しく入ってきたメンバーさんが、
某有名起業家さんの情報商材に詐欺られた!!!って喚いているんですよ

 

騙されちゃイカンよ!!ぼったくりですよ!!って感じで

 

で、それに対して皆さんの回答は
「・・えと、みんな一応知ってると思いますよ、それは^^;」
という割と冷ややかな対応

 

僕はというとTwitter見ながら実況してました
(何人か反応してくれた。やっT)

 

ま~ね~、普通は、怪しいって思いますよ

あれだけ誇大で
「パソコンポチポチやってるだけで月1000万円稼いでバラ色の人生謳歌しませんか!?」とか
「引退仕立てのおじいちゃんでも月収50万手に入るノウハウです」とか

怪しいって思わない方がアホなのに、その人ったら、自らその頭お花畑っぷりを露呈しているんですよ

 

まぁ、僕もこのあたり、
騙された経験がひじょ~~に多いバカタレ君たんですが(笑)

「なるほど・・(自分も含めて)こういう人が居るから
 販売者サイドが儲かるんだなぁ」 変な方向に関心しましたけどね

 

さて。稼げる情報商材、詐欺的な商材、色々あります

 

ネットビジネスやってたら見ない日はほとんどありません
僕個人でも、それらをアフィリエイトする為のレター作りはかなりの頻度で行ってますから

にしても、この情報商材

その、ネットビジネスにおける「儲かる・稼げる」系の話はともかく、
割とイメージで決められる事も多いんです

今回はそんな話

クリーン or Not クリーン(小並)

ひとつ、お尋ねします

何か「資格」を取りたいと思ったら、どういう風に勉強しますか?

 

本を買って勉強するかもしれませんがそんなんで合格できるのかどうか・・

予備校的な所に通うのなんて普通に仕事してたら時間的に無理だし・・

 

となると、やはり多くの人が選択肢として思い浮かべるのは

「資格のユーキャン」ではないでしょうか

「資格」で検索してみてもユーキャンが一番上に鎮座しています

 

同僚が受験して、今結果待ちなんですが、あれだって割と高額な受講料を取られたりするんです

1講座4万円から5万円とか。普通に、これくらいはします

 

で、ですよ

資格のユーキャンと聞いて、どんなイメージを持たれます?

 

通信教育、書道・達筆になるための教室、
医療関係やら事務やらいろんな資格を扱ってるとことか色々あると思います

 

ですけどね

 

少なくとも「怪しい」「詐欺」
といったネガティブなイメージを抱く人はほとんど居ないのではないでしょうか

 

CMでも広告してるし、ネットでも「通信教育」「講座」と検索すれば一番最初に出てきますから

知名度だけで行ったら、確固たる地位は築いてるんですよね

 

一方、ネットビジネスは

ところが一方

僕もやってるような、ネットビジネスの「スクール・講座」となると

 

世間一般的には
「怪しい」「詐欺」というイメージが常につきまといます

現に、ご家族の方に内緒で高額塾に参加されている人だって
少なくないハズなんですよね

 

もしこれで
「俺今日からネットビジネスで生きるわ!50万のビジネス塾にさ、入る!」
とかって言ったら、正気を疑われるでしょうね

 

だから、言うのはやめときましょう(笑)

 

まぁそれはともかく

 

ユーキャンで資格を取ろうとしたら
「新しいこと始めるんだ!頑張ってね!」

ネットビジネスのスクールに入ろうとしたら
「何それ怪しい!やめておきな!」

 

これ、おかしいんです

 

ユーキャンと、ネットビジネスの最大の共通点

 

もっかい言います

これってね、おかしいんですよ。絶対

というか気付いてない人多過ぎます

 

ユーキャン、ネットビジネス
この二つの非なる業界に激しく共通している点がひとつだけあります

何だかご存知ですか?

 

 

 

この二つが主に扱っている商品が「情報商材」という部分です

 

ユーキャンも、進研ゼミも、情報を扱っているんですよ

 

○○を教えるよ~、○○の資格を取る為のスキル学べるよ~

これって、つまり情報を商品にしてるってことですから、情報商材なんですよ。言ってしまえばね

もちろん、教え方だって内容だって違います。ですけれでも

 

ちょっと考えたら・・

 

まず、申し込んだら「教材」がやってきます

そして、サポーター(コンサル主)がつきます

たまに、行き詰まった人のためのセミナーとかもあります

結果が出ない場合は返金だって対応します
(行動した人だけね)

 

これ・・
ネットビジネスでやってるような、塾や講座(メールやらの)と
何も変わらないんですよ本質的には

 

教える、指導方針としては、情報商材と同じ感じです

扱うのが「資格」か「ダイレクトに稼ぐかどうか」という違いにはなります

 

しかし、それが大きな違いとなる

悲しいかな、金を稼ぐってなってしもうた途端、なぜだかダークなイメージになってしまいますよね?

僕も色々言われましたもの。拝金主義者とか、色々・・

 

もちろん、詐欺的な商材だってありますし、
押せ押せな力任せな販売ムードに問題があるからなんですが、
そういう「一部の」販売者のせいで、世間一般的に受け入れらていない事実

 

金を稼ぐ。という「ごく当たり前の事」を色眼鏡を通して見られる

日本人ほど正しいマネーリテラシー(お金の価値観)
を持ってない人種は、世界的に見ても珍しいと言われています

日本独特の風土・侘び寂びの精神が、
その価値観を亡き者にしようとしてるのは分かるんですが

 

まず、自分のやってることを言えば、
一応アフィリエイターであり、会社員であり、情報発信者である自分を
頼ってきてくれる人が居て

その人に「働く自由を手に入れてもらう」
その手助けをしてるっていう

もちろん慈善事業じゃないですが、
これってビジネスというか、仕事として当たり前のことですよ

 

資格の勉強をして、
企業で役に立ってもらう事を教えるか

企業に頼らず自分自身の力で
お金を稼いでいく方法を教えるっていう、その違いだけ

 

でもこのふたつの違いで、社会からの風当たりも全然違うモノになってくるんです

 

以前、職場で遊びで僕の名前で検索された事があったんですが
「おい・・なにこれ?なんか怪しい情報出てきたよ?」
って、「僕の名前+ビジネス声優」が出てきてクッソビビった覚えがあります(笑)

 

その時は
いやぁ~同姓同名って居るんだねぇ~~~~ってごまかしました
(一応副業だから公には言いたくないもので)

 

で、そのとき出てきたのが、2ちゃんの情報で
「なんか声優でネットビジネスやるとか、堕ちたもんだなぁ~」とか
「あいつのススメたの全然稼げん。ゴミ」とか

 

たぶん検索したらまだ出てくるんじゃないかな・・(汗)

 

 

っていうかね!?
そりゃね、どんな商材だろうが

行動せんかったら稼げるわきゃねぇだろうがよ!!

 

ポチるだけで

人生バラ色不労所得ヒャッホイマンになれるとか、
アホ事言うのも大概にせいって話ですけどね!!

 

 

ちょっとユーキャンとかの話に戻りますが

 

大学受験の予備校の第一志望の合格率は、、
割とカンタンなコースだろうと、半分落っこちて、
難しいコースなら2割程度の合格率しか無いそうですね

 

あと、ユーキャンの行政書士試験の合格率って、5%ですよ

ネットビジネスで稼げてる人間の確率と全く一緒です

 

でもね、別に詐欺とか言われないし、
そこに誰も疑問を持とうともしないじゃないですか

「行政書士?あぁ、あれ難しいからな。そんなもんだろ」みたいに

結局、イメージうんぬんなだけって話

クリーンなイメージのユーキャン、Notクリーンなネットビジネス

どちらも本質は、
企業or起業でお金を稼ぎましょうってイコールです

 

なんですけど結果が出なかったら
詐欺と言われるか、言われないかの違いなんてクリーンなイメージかどうか
なんですよね

 

それと共に知名度も要因のひとつですし、さっき言った「マネーリテラシー」そのものです

 

堀江貴文さんや、与沢翼さんて、
いわゆる「ノーマネー、ノーライフ」とか言っちゃってますけど、
稼ぐことこそが自分のライフワークだと信念を持って自分の仕事に取り組んでますから

 

いくら拝金主義だと言われようが、叩かれようが
「言う奴は言って下さい。私は稼ぎ続けます。以上」で何食わぬ顔出来るような人らです

その姿こそが、彼らがカリスマと呼ばれる所以なんでしょうけどね

 

それと同じように、
「お金を稼ぐこと」がダークなイメージだと思われない、
そういう世の中になれば、ネットビジネスやらネットワークビジネスだって、
認識が変わってくるでしょうね。色々と
(参照 ネットビジネス VS ネットワークビジネス

 

ネットワークビジネス自体は、とても理に適ったビジネスモデルですから
ただ、マネタイズ(収益行動)するまでの距離がネットビジネスと比べて尋常じゃないくらい長いのがネックってだけですから

イメージが変われば、社会は変わります。絶対

考えようによっては、良い世の中な件

昔と比べてみましょう

僕が小学生の頃、バブル経済が弾けて
景気低迷に入ったって時期。それと比べてみたら、今の時代は
割と素敵な方向になってるんですよね

 

昔は、サラリーマンは企業戦士なんて言われていて、
大企業・公務員として切磋琢磨して働くのがモットーとされていましたが
二言目に「ブラック企業」という言葉が出された事によって

そんな「会社のために身を粉にして働く」という生き方は、否定されてきてる世の中なんです

 

そして、生まれたのが「ノマドワーカー」という人種

 

彼らは、企業・規則に縛られる事無く、
悠々自適に自分だけの仕事を持ち、精神的に不自由がない生活を
満喫して日々を過ごしています

 

上からのノルマもありませんし、
基本一人だけなので、すべての事を自分だけでやらないといけませんが、でも今はネット社会です

インターネットで探せば、
自分と共に歩める「ビジネスパートナー」をいともカンタンに
探すことが出来るんです

 

そして、僕の出会ったネットビジネスというスタイルも、
サラリーマンオンリーが生きる道だと信じていた自分の信条を簡単にブチ壊しました

 

ガキの頃には決してありえなかった、生き方

もちろんネットビジネスだけじゃなく、
サラリーマン・雇われで生きるだけじゃなく、探せば探すだけ色々出てくるのが今の時代

金銭や時間のリスクを追うのが嫌だ・・
というのも、インターネットの出現によって最低限に抑えられています

 

だから起業リスクだって最低限です

 

そう考えると、
低所得者・ワーキングプア大量だと言われる現代だって、
悪い気はしないハズです

イメージだけに囚われず、しっかり見定める目を持って行動する

 

そうしたら、今と別の視点で物事を見る事が可能なんです


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る