ブログ

1に実績、2に実績、3・4が無くて5に、○○○ー

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

どうも、僕です。ジミィです

bandicam 2015-10-10 23-36-01-392

情報発信を始めて半年以上経ちますけど、
色々ありました、Twitterを主として収益活動しているんですけど、
呟きが止まったり、アカウント凍結したり

それでも本アカウントは独自のやり方で、
いくつか多めに作ってるんでいくらでも復活することは出来るんですが

 

大抵復活したら「不死鳥のジミィ」って名乗るようにしてます

 

時々
「ジミィさん、あんまりコロコロアカウント変えたら、
 偽物だって思われてブロック対象ですよ^^;」って言われますので、
凍結しないにこしたことは無いんですけどね

 

いかんせん、過激発言によるリフォローと商用利用の過度な使い方で、
運営側にマークされてしまうことも割と多かったりするので

「ある程度は仕方ないかなぁ~・・」って、思っちゃったりしてますが

 

で、いくつもアカウント作ってるので、
それに伴った「属性」の方から、色んな質問飛んできます

今どんな稼ぎ方がアツイのか、とか
上手い芝居をするなら、どんなやり方があるのか・・とか

やり方は色々ありますし、効率的な方法もありますけど、
何でもそうなんですが「行動」しないと絶対身に付きませんから
その辺りはコンコンと言ってるのですが

 

そして、そんな中

「自分の情報を売って儲けたいんですが、どうすればいいですか」
という質問も貰いましたので、ちょこっとシェアする的な。今日は、そんなお話です

何かをするには実績が無いと駄目?

うん

あなたも、そう思いますか?まぁ、僕もそう思いますよ

 

インターネットビジネスで自分の脳みそを売って、
そうやって利益を得ていく情報発信者という稼ぎ方にするには、
「自分が何でそれを売り物に出来るのか」というその証拠を提示しないといけません

単純に、ネット上でマネタイズ(収益行動)しやすいやり方が、
自身がネットで○○万円稼いだという実績だというだけなんですよね。

だから入り口です。実績なんて

 

ですけど別に、稼ぐ系以外でもなんでも良いんですよ

趣味がプラモとかで、プラモに関する情報の教材売りたいと思ったら、
プラモとかのブログ立ち上げてそこにガンガン自分の作品アップしていけば良いんですし

そのブログから「作り方教えるメールマガジンみたいなの作って
情報流していって、興味を持ってもらって、最終的に教材をバンッて出すとか
やり方はほんと色々です

 

ただし・・そういうブログをするにも、実績はあったほうが断然良いです

 

「県内一位のプラモデラーになりました!」
とか言って、表彰状もらってる写真とか載せておけば

「ほう・・ この人が一位になってるのか、
じゃあ俺がこの人のやり方・スキルをパクれば、俺も一位狙えるな!」
みたいな感じで、その道をいきたい人達をファン(?)にさせる事が出来て

ブログのアクセス数だって、伸びていきます

 

端的に言えば、ファンをつけやすいかつけにくいか、みたいな事ですね

 

そして何もない場合だと、
「ただ単にプラモデルが上手い人」というブランディングになってしまって
(参照 ブランディング。それは、ネットビジネスで成功する為の必須科目

伸び悩みながら進む傾向になっちゃいます

 

だから、ネットだろうとリアルだろうと、
まず少しだけでも良いので「成功体験」をして、その体験を売っていくやり方が、
もっとも良いんだと言われています

しかし、時々「わたしこれだけ稼げました!」なんて画像を大っぴらに出すやり方してる人。

僕も自身の企画ページでは仕方なく出す事もありますが、それだけでお客さんを惹きつけるのは下品です。

そしてその画像だけで信用してついていく人は、往々にして詐欺に引っかかりやすい人だと、あえて言わせてもらいます。

賛否両論な「実績なし」な情報発信のやり方

その前に、僕が東京で声優やっていた頃の話をしましょう

実際、事務所に居た頃に
その関係のオーディションへ出向いては

「あなたの実績は?過去にどんな活躍したの?」と聞かれまくりました

 

その度に
「BLに出てアヘアヘ言う取りました(゚Д゚)」
とか抜かしてたワケなんですよね

それで通った奴もあるから不思議でしたが(ドラマCDの端役だったけど)
大体は落とされました・・・・・当然ですが

 

それで、僕の人生の師でもある、中野振一郎先生へ何度か相談をしました

中野先生自体は、
自身がコネも金もない20代より楽器を買うまでの間はバイトも色々しながら、
天性のモノで社会を渡り歩いてきた、いわゆる「叩き上げ成功者」の一人です

 

その中でも何かしらの実績を使って乗り切ってきた事例も結構あるんでしょう

 

だから、実績が要らなくても活動できるか?に「YES!」とは答えないと思います

自身がそんな人生歩いて来てるんですからね。NOといえば嘘になる

 

で、僕の答え。

実際、実績の無い方が、その道でなんとかやりきれるの?
その答えは、YES!です

 

自分の好きなジャンルで例えますが

確かに、ニコニコやこえ部で演者や大手のニコ生主さんとしてバリバリやってる人達は、
知らず知らずにその実績というステータスを表に出しまくっているでしょう

 

サイトやブログとかには出さなくても会話の端々に出たりとかしてます

 

たとえば
「イベントで)こないだ出した本数分で売り切れてさぁ」
みたいなね。これも実績のひとつです

おおっぴらに、○○出ました!みたいなのをバンッと出すだけじゃなく、

小出しに雑談染みた上で出していくのも、良い感じですね

たった一回の動画で、ブログやツイッターで
「~~~~~回再生回しました!」  とか
言えば、この人は毎回上げる度に凄い再生数回す人なんだ!すげぇ!って思ってしまいます

 

ただね、あまり無いとは思いますけど、
それが本当のこの人の実績なのかどうかは疑問にもった方がいいと思います

過去の動画自体は削除すれば分かるわけ無いですからね

キャッシュとか解析ツールがあればまた話は別ですけど、そこまでする人は居ないでしょうね。あれ高いし

 

ですが、ろくに表立って活動できてないのに

実績のない人は、あるフリをしろ ってことではなく

 

現状実績がないものは無いとして、
それをどうこうする訳にもいかないのでそんで、そのような実績は、

あくまでも「入口の一つ」しかなく、
もし再生されたとしても恐らくお気に入り登録される方はそこはほんの興味の入り口程度です

 

仮に僕がツイッターとかで
「ついこないだ、ナレーション音声あげたけどあれはかなりの再生いったなぁ~笑」
とか言ったところで、僕のファンが増えるワケじゃないですよ

むしろ(はいはい。またキモヲタがなんかわめいとるわ。ブロックで)
的な事されてさようならされる落ちが目に浮かびます

 

だから、痛いなコイツ!!

と思う人は居ても、そんなので僕を尊敬の眼差しでみるようなことなんて、

だから、ニコ生でなんかしようとこえ部の片隅で何か音声上げてみようとも、
伸びるものは伸びるしその逆は大半です。そんなことで嘘ついたって悲しいだけです

NO実績者の戦い方

話狂いましたが、では実績の無い人は
どうやって自分の情報発信のスタートラインに立てればいいのか?

 

コレね・・
色々言われてる事がありますけど、
僕がやってたことの一部を少しお話しますと誰か周りに実績がある人を探しだして、
その人の教育を受けるって事

いわゆる「指導者(メンター」探しって奴ですね

 

僕自身、指導者の元でビジネスを習いつつ収益を上げてる事実がありますし、
「年収ウン千万とかの人に習ってるんだぜ!!」とか言ってもいい感じですね

 

ま~使うと言っても
音楽で言うと、例えばその人が「大バッハの生誕何年記念の公演を成功に導いた!」とすると
じゃあ、その実績を拝借って事で、「僕実はクラシックも嗜んでて・・」これでは、詐欺です

 

では、声優時代の僕の場合を例に出すと
「世界で9人のチェンバロ弾きの音楽家の先生から声楽を習っていた」
とか「クラシック演奏家から直接舞台観劇の発声指導を受けていた」で、どうですか?

 

もしあなたが、師匠やメンターがいる場合は、これを使っても問題はないと思います

実際、これで受かったオーディションはありました
(だって審査員の反応で分かったもんなぁ)

 

それじゃ師匠やメンターがいない場合は?

当たり前のことをお話しますが、
実績に関しては、自分から言う必要性もないです

 

要は・・コンテンツの中身

つまりは、作品の中身に拘っていただきたいのです

 

そして、
使えるものは使うようにすればいいと思います。実績は入り口です

つまり実績だけでは、あなたのファンになる事は絶対にありません

むしろ、あなたの情報発信の質を求めてます

 

所詮実績で来た人は、
何十億と稼いでる人の所に行っては、
次の稼いでる人の所にいってる方なので、客層はしれてます

 

ですので、中身つまりは質を重視しましょう

あなたが生きてきて、役に立った知恵・スキル、
なんでもあるとおもうんですよ。さっきのプラモのくだりみたいに

そういう趣味的な生き知恵×ビジネスを絡ませて発信させるのは、上等な策だと僕は考えます

 

僕のブログは、常にそういう自身のストーリー性を絡ませ、
そこから得てこれからに活かせる学んだ術を配信し続けているんです

過去記事がありますから、そこを参照にしてみてくださいね

 

良い師匠との出会い方

ならば指導者良いコンサルタント(メンター)に巡り合わないといけないんですが、これは意外と簡単です

 

そのコンサルタントが自称で公表してることと
どれだけ信頼性のあるコンテンツが作れてるか、ってことですね

要はそのコンサルタントが、嘘をついてないかどうか、って話です
そのコンサルタントが教えたクライアントを数人を
リサーチしたらそのコンサルタントの人となりが見えてきます

 

クライアントになるということは
そのコンサルタントの何かに引き寄せられたからこそクライアントになるわけで

簡単にいえば鏡のような存在ですね

 

そのクライアントはコンサルタントに指導を受ければ
考え方が似てくるし、コンサルタントの長所も短所も把握できてくるし、
本当にコンサルタントの発信が事実なのかもわかります

 

なのでクライアント数人をリサーチしてみたらすぐわかります

 

嘘をついてるか、はたまたテキトーに戯れ言言ってるか、
総合的に見てその人に「まごころ」があるのかどうか、それを見てついていった方が良いですね
(単純にその人が販売してるコンテンツが魅力なら、それでも良いんですが)

 

自分が実績をつくるor自分より上の立場に居る人に、教えられていると、公表してみる


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る