ブログ

世の中ギブアンドテイク!と思っているあなたへ、物申す

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

どうも、僕です。ジミィです

bandicam 2015-11-15 19-40-16-737

かつての上司が口癖のように言っていたのが
「ギブアンドテイクの精神だからな!」ということでした

以前、大手の冠婚葬祭企業で
働いていた時、常に聞かされていましたから・・

自ずと僕自身、そういうマインドになっていました

 

ネットビジネスの世界を知ってからも、基本的にそれは変わりません

 

なんですけど・・正直、それだけじゃいけないんですよね

今回はそういうお話

ギブアンド、だけでは駄目

いけないというか、
それだけじゃ「足りない」んですよね

マインドとして不足してるというか・・
とにかく、ギブとテイクが共存してると思うのが、
そもそもヨロシクありません

 

情報発信者という立場上、
聞かれた事に対しては、割とおおっぴらにお話しています

自分がどうやって稼げたかは勿論、
稼げるんだけど限りなくグレーに近い、スレスレなノウハウとか
(twitterでは往々にしてこれらはテキメンです)

色々知ってますし、僕もつい、ノッちゃって話したことがありますが・・

 

その質問者さんのブログを
後日覗いてみると月数百万普通に稼がれてる、
僕より遥か先を行ってる方だったりしました^^;

 

そんな人がなんで僕に
質問なんかしてきたかって言えば、
恐らく「探り」を入れる為に違いありませんけどね(笑)

まぁ・・

マークされるってことは、
それだけ影響力が上がってきたって事ですから

そんなに悲観しませんし、むしろ嬉しいくらいですね。これって

ギブアンド・・?

話が反れましたけど、
前から多い質問が「今何が稼げますかね」
と、漠然と聞いてくる事

さすがに、もうお答えはしてませんが、
そんな後に限って2ちゃんねるに晒されてたりとかね

色々ありますが、もう慣れっこです

 

それで、
こういう質問投げかけてくる人、共通の点が
「質問を返した後、何のレスポンスもよこさない」ってことなんです

お返事がありません
せめて、「分かりました。どうも」
言葉は足りませんけど、これくらいは言っても良いでしょう

 

セレモニーアドバイザーとして
長年務めていると、どうしても礼儀作法には、小煩くなってしまいガチです
(割と雑な人間なんですけどね・・)

何かいただいたのなら
一言二言くらい、何かしらのアクションを起こして然るべきなんですよね

ギブされて、ギブしない。そんな奴は二度とゴメンです

クレクレ君はお断り!!

別に、情報与えた謝礼よこせとか、そういう事は言いませんよ^^;

でも、せめて何かしらのお返事くらいは欲しいなぁ~、と

それに、ネットビジネス界隈だけじゃなく、
どういう業界でもモノをクレクレってだけの人は、
ウザがられる傾向にあります

 

他業種の交流会や街コンなど、
色々出席したりするのですが、一番嫌われるタイプの人は「クレクレ君」なのです
(そういう話で盛り上がりました)

クレクレ君、その名の通り、
自分からは何もしない・差し出さない、にも関わらず、
相手からは何かを貰いたい・教えてほしいなどなど・・

 

単純に、見返りを何も出さない人達

ギブアンドテイクならぬテイクアンドテイクです

「○○してくれ!金(見返り)は出さないけどな!」
まさに外道な感じのアレが似合います

 

これ、
心理操作的なとこも入りますけど、
人って、いつもクレクレ言ってる人よりは、
いつも何かしらをしてくれる人に対して、自発的に何か
行動を起こしてあげたくなるものなのです

 

常に、誰かに対して価値を与える事を心がける
何かを差し出している、そういう姿勢を見せる

 

別に有料級のレポートを、
ガンガン相手に送りつけるとか、そんなことじゃなく
(それも理想ですが)

自分の日々の気付き・学びを、
こうやってブログコンテンツに書き溜めていき、
メルマガやらSNSなどの媒介で拡散させる

それだって何かをギブしてあげるって事です

 

自分にとっちゃ何気ないことでも、
人によってみたら、新しい発見があるなんてこと、
僕自身山のように体験してきましたから

そういう点での差し出し方は、ベストだと感じるんです

とにかく「役に立つ」ことをしよう!

単純に、自分の持ってる
ノウハウを無料でガンガン出していくのもOKなんですが、
それ以外にも

誰かを紹介してあげたり、手伝ってあげたり、声をかけてあげたり・・

といったことですね

 

そういうことを繰り返していれば、
いつの間にか色んな人に声をかけてもらえたり、助けていただけるようになるんです

 

ある起業家さん、
名前は伏せますが、起業した当初は
それはもう経営的に苦しく常に危機的状況だったそうです

それが数年経つと、
今までとまったく違って会社が急拡大していきました

 

記者がその起業家に、
経営難を乗り切った尋ねたところ「みんなのおかげです」と一言

よく言われる言葉だな、、
と思われるかもしれませんけど、恐らくその言葉どおりでは無いかと

 

で、こうも話していたそうです
「自分の会社の状況を逐一、他一流企業の社長さんに報告していた」ということ

自分の会社がどういう状況か、
それを自分以外のデカイ会社の社長に聞けば、
案外すんなり分かりますからね

怠慢な金持ちは多く居れど、怠慢な成功者なんて絶対居ませんから

 

自身の今いる環境は、
他の人が乗り越えてきた後なんていうケース、
ほんと腐るほどありますから

僕も、今のビジネスメンターに
軌道修正を山程してもらいましたから

だから自信を持って、情報提供し続けれるって事なんですよね

 

関係性こそが、第一

ですが、もちろん
何もされていない奴が状況報告してきたところで、
用もクソもないって感じで突っぱねられて終わりです

 

だからこそ、
そういう一流の人に対しては、
ギブ(見返り)をより多くする必要があるんですよね

お金というのが分かりやすいですが、
それだけじゃ無く、単純にその人の為に仕える・仕事をする、
下手間作業を引き受ける

 

色々あります

その人の為にし続けた結果、
ようやく重い腰をあげて「じゃあ、何かしてやろうか」
という気持ちになっていただけるのです

 

ですから、とにかく見返り求めず、ギブしてギブする

くっそギブしている代わりに、
くっそギブされるようになる。そう覚えて貰って大丈夫ですね(笑)

 

自分の状況を伝えたら、
反応が返ってくるなんて環境・・ほんと楽ですからね\(^o^)/

起業家として歩くにしても、
不安なことはすぐに解消された方が絶対良いですから

 

見返りを求めるなら、まず与え続ける!
それは鉄則です


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る