ブログ

売り込みクソ野郎

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

どうも、僕です。ジミィです

bandicam 2015-11-25 23-18-35-566

先日、
婚活パーティーなるものの招待状が
届いていたので、参加してきました
(なんか最近こういう話題多いですね^^;)

ネットビジネス始める前に、
ある出会い系に登録したことがあったんですが、
恐らくそこからの関係のご招待でした

 

最近街コン行きまくって、
出会い系の方面へ割と積極的になってきてるので、
行ってみることにしたんです

お見合い、しましょ♪

会場は岡山の某有名デパート付近の、
都心部の映画館のあるビルです

受付で
「予約していた片岡です」
と行った処、すごい笑顔でオバ様が
「そうなんですね、うん、じゃあ、案内しますのでね、うん、よろしくおねがいしますね^^^^^」
って引きずられるように案内されました

 

この人、なんか強引かな?と思ったんですけど、その予感はこの後見事的中しますた・・

 

そして案内された先には、一人の女性。黒髪の清楚系で、大人しめな美人さんでした
(吹石一恵似の)

こういう系に参加するのは初めてだと言ってましたが

「この人なら、婚活的なのしなくても、普通に相手ぐらい見つかるだろうに・・」
とか思ったんですけど、
病院(看護師)にお勤めだと聞いて、あぁ~なるほどなぁ、と

 

聞く処よると、やっぱし医療系は、
同僚も同姓しか居なくて、出会いなんて皆無なんだとか

患者さんは魅力的な人は少ないらしく、
お医者さんといえば、上司の紹介の見合いでの結婚ばかりで、
職場婚はほぼ絶望的みたいですね

以前、一緒に飲もう!と誘った人も医療事務系でしたし、色々考えることもあるようです

 

で、その人とお話してると、さっきのオバ様が歩いてきて、
「じゃあおとなりの方とお話しといてくださいね^^」って言って立ち去りました

すでに色々お話してましたけど、
雑談やら旨い飯屋の話とか聞いてました

あと、今期の相棒の話で盛り上がった。鏑木さんのキャラ良いよねって感じで(笑)

ノリが街コンではない

そこから先は

5分くらい喋った後に、
ほかの女性のところへ行って下さいって指示されたので、
行って喋ること数回

で、ひとしきり話してみて良かった人と、
メッセージカードみたいなのを交換して、
相性良かった相手と連絡先を変えことするって流れでした

 

書く相手が一人しか選べないので、
「なぁ~んかコレ効率わりぃなぁ~」とか思いつつも、
プロフィールとか熱意とかひとしきり書き終えて、司会のオバ様に渡して・・

 

数分後、結果発表出ました。で、デッカイ声で

カップルになれた人!! ●●さんと●●さんです!!
って感じで、大々的に発表されてました

 

正直ね、

こ れ は 恥 ず か し い ・ ・ !!

とか思いましたが・・^^;

目立つの自体は、嫌いでも無いですが、こういう目立ち方は僕はちょっとゴメンです・・

 

当の本人達はもちろん、
カップルになれなかった人が、くっそ惨め臭い気持ちになるのは、
当たり前だと感じます

なれなかった人全員、男女関係なく、なんか下向いていましたし

 

まぁ、来て収穫無いのもなんなので、
帰り際に、一人捕まえてLINE交換しました。今度飯食いに行く予定です

売り込みクソ野郎

さて、ここから苦言を少々

この度は婚活パーティという事で、
呼ばれた人は、その対象の人達だったので

そのパーティのシステムに登録しておいたら、
今後も有益な情報を流すよ~~みたいなことを言われました

 

そうなんですか、おいくらですか?と聞いたら年間で数十万円です
(あえて金額は伏せます)

 

さすがにそれは・・ と思ったので、今は大丈夫です。とお断り入れようとしたら

「あ~、実は言ってなかったけど、
さっき彼女から(僕がお話したいと思った人)次にお会いして、
お話してみたいって言われてたのよねぇ

どうする?とりあえず、登録だけはしてもらわないといけないんだけど」

 

え!マジカ!! そりゃ是非!!!!
って・・以前なら言うところでしたけど、それはそれ

ビジネス始めて以来、搾取され続けてきた身としては、
さすがにこういう売り込みの場数は嫌でも踏んできてるので

「いえ、実は連れと約束があるので。
メールアドレスを残しておくので、また是非ココへ連絡してください」
とだけ言い残して立ち去りました

 

帰るときにも、そりゃ色々言われましたけどね・・

 

今入ったら割引だの、片岡さんなら性格的にも収入的にも(ネットの事言った)
すぐ相手も見つかると思うよ~。入らないのは絶対に損だよ~~ って言われましたが

騙されまくってきた身としては、全く響きませんでした
(自慢出来ることじゃないですね^^;)

 

今度、もう一度誘いが来たらまた行ってみるつもりです

ちゃんとした相手が居たら勿論行きませんけどね(笑)

無理くりなクロージングが身を滅ぼす

お師匠さんの言葉を少し思い出したのですが、
やはり無理やりな売り込み(クロージング)はしない方が良いですね

 

無理に「この商品は良い!オススメする!」
みたいに、相手に売り込み無理やりかけて、
その時は売り上げになるかもしれませんけど、それって、少ししたらクレームの嵐になりかねないんです

 

以下、原文まま教えを掲載

特に実力以上に驚くほど大きく稼いじゃってそこで慢心しちゃうと目も当てられないですね。

ローンチで返金申請ばかりで決済ベースの見込利益から実質的な利益が半分まで落ちた例も知っています。

こうなってくると、よほど面の皮が厚くないかぎり、メンタルがおかしくなって再起不能になったりするので注意です。

こういうのも反動の一種です。

無理なクロージングをしたらどうなるかなんて経験値がある方は当たり前のように知ってるのですが、しかし目先の利益にくらんでっていうパターンや自分はやりたくないんだけど組んでる相手の意向を断れなくてとかで無理なクロージングになってしまう方も相当多数います。

あるいは、そういう状況になるのが知らなくて痛い目みる方も相当数います。

(コンサルタントがいるならそれはコンサルタントの責任でもあります。コンサルタントがその事実を知っててそういう方向に導いてるなら善意ではないといわざるをえないです)

なので無理なクロージングはできるだけ避けたほうがいいですね。本当にろくなことがないので。

確かに1年間はすごく稼げるかもしれないけれど、1年間稼げてもそれは生涯賃金的にどうなのかという視点を持たないといけません。

つまり無理なクロージングをしなかったら今年の利益は無理なクロージングをしたときに比べ少ないけれど翌年も稼げたかもしれないのに、

無理なクロージングをしたばかりに翌年大きく利益下げたり、また最初からやり直すことになったら勿体無さなさすぎるわけですね。

この辺は1年で大きく稼げる以上に、翌年も翌々年もうまく稼ぎ続けるさらには右肩上がりに稼ぎ続けるにはどうしたらいいのかのところに意識を向けないといけません。これが生涯賃金的にどうなのかという考え方です。

年収に意識を置くミクロ的な視点も大事ですが、生涯賃金に意識を置くマクロ的な視点も大事です。

(どっちかというと生涯賃金的に考えるほうが圧倒的に大事)

ここをしっかり考えていけないと、稼ぎ続けるのはきついですから僕もなんですが意識すべきところですね。

ここまで

まぁ、つまり一過性じゃなく、
あくまで長期的なビジネススキルをって事です

相手のことを思って、
売り込みじゃなくて(オススメする)みたいなノリでやっていけば、
自ずと安定的に収益も増えるという事ですね

 

そのマインドになる為には、ある程度稼いで、余裕な心を持つことが前提ですが・・

 

上を目指そう!という上昇思考があればあるほど、
この部分は意識しないと、頭打ちになるという、鞭撻ですた

 

時と場合による

無理なクロージングだって、
「オマエはこれを買うべきなんだ!かえーーーー=!=!!!」
と、無理に勧めて結果良いケースもあるかもしれません

さっきのシステム登録のくだりだって、
実際はとても良い環境かもしれないから、理想的な女性と
本当に巡り会う手伝いだってしてくれるかもしれないんですよ

 

なんですけど、
あそこまで今やらないと損!と押されると、やっぱし冷めちゃいますよね。色々と

 

一歩引いた視点で見ていくのは、
何事も大事ですし、ちょっと見守ってくれれば、
僕も考え改めたかもしれないんですから

 

まさに「北風と太陽」みたいな事じゃないかしら

 

囲い込むように、
押せ押せと売り込んでも、結局売れず、相手は余計ガードを固めてしまいます

ちょっと考えさせておいて、
後日解答を聞き出すっていう姿勢で、接していただいても良かったかな?と思うのです

 

まぁ、余計なお世話かもしれないですが(笑)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る