ブログ

プライドの高い人は損をするし、ステージを変えるのは勇気がいること。けど・・

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

ジミィです。

bandicam 2016-07-14 19-49-49-562

今はもう所属して無いのですけど、
以前はガチでビジネスを学ぶコミュニティに入って、その中で揉まれつつ、
自分自身のスキルを鍛え上げ続けていました。
(月収100万超えたのも、そこで教えられた必勝法を使うことが出来たからです)

だからこそ、月100万レベルに上がる為の全体的な戦略はどうするのか、
個々の戦術の取り組み方はどうするべきなのかって部分は、すでに自分の血肉となってるって、
実感もあります。

 

そして、去年で言えば、本当に色々なセミナーへと顔を出し続けてきました。

セミナーそのものに興味はないけど、
その講師陣が行っている手法とか戦術には山程興味があったのと、
その現場に出向いてる実力者の人達とつながりを作るために、必死で動きまわりました。

いや、ホント色んな人に話しましたよ。

 

今の職場に勤めだしてからしばらくしてからも、
「サラリーマンだけで終わるのが本当に自分の後悔無い生き方か?」
と問い続けて、興味あるかないか自分でも分からん場所へ行きまくりましたし、
それと同じように去年は動きました。

いろ~んなお金持ちさんが居ました。
大学生なのに月収300万ほどを平気で稼いでたりとか、ビジネス始めて間もないのに、
自動収益化の仕組みをいくつもこさえてる元建築業社員さんとか。ミュージシャンとか、ダンサーって人も居ました。

 

そういう人と語り合い、酒を呑み、酒を呑んで、そして酒を呑んでました。
どんだけ呑むねんってほど呑みます、あの人達・・。

 

そこに自分も合わせないといけないので、そういうステージの高い人達と合わせる為に、
僕自身も酒強くなったりとか、相応の知識を蓄える為に身を持って学習なり経験を積み上げてきました。

そうこうしていたら気付きました。

そういう、ステージの高い人らと一緒にいると僕自身も、
なんかだんだんとその人達の方へ惹きつけられていっていました。

まぁ、今の自分のステージがどこかって、関係ないですよ。関係ない

そのためにはどうすりゃいいのかって話、
これからさせてもらおうかと思っているのですが、その前に・・。

一番いけないことをお先にお話しておきます。

ステージの概念についてはこちらを参考にしてください

一番いけないこと。
まず、今居る自分の段階(ステージ)が低いとか初心者レベルだからとか、
そういうことばかり言って、そういうステージの方へ行こうとしないことはNGです。

 

確かに話を合わせないといけませんから、
自分が、例えばネットに仕組みとか作り出して初期段階だし、初心者だし、
もっと実力がついてから会いに行ったほうがいい!その方が話弾むしな!
って思うのは、ぶっちゃけた話が非効率です。

なぜなら、そういう初心者の人の脳みそ状態って、
大体の人に言えるのが「常識的な考え方」の場合がほとんどだから。

ここで言う常識的な考えって言うのは、
「サラリーマンで切磋琢磨して死んでいくのが、正しい選択であり人生。常識的な事である」
という考え方だっていうことです。

そしてネットビジネスの世界とか、仕組み作って自由に暮らすとか非凡に暮らすとか、
夢を追い続けたいなんてことは常識的には「ありえない」ことなんです。

そんな「ありえない」世界で生きていきたいと思うのに、
常識的な考え方のままで居たら、絶対に上手くいくことはないんです。

 

例えば・・。

ブログとかSNSアカウントの作成の手引書とかの、
ツールなり教材を購入したりしたら、初心者のウチだと、
「買っただけでボロ儲けできます!」なんて考えのひとは実に8割です。

買っただけで満足状態。です。中学ン時によくあったような。

そんなときに教材とかツールを動かして、
ちょっとイジるとか読むだけでは稼げない現実を知った途端に
「あ、難しい。やっぱし無理じゃねーか・・。嘘つきか」みたいに思ってしまって、止めてしまうんです。

そして、その後はまた新しい教材を買い求めるでしょう。
俗にいうノウハウコレクターの誕生です。

僕は先輩マーケッターのチカラもあって最初の実績を上げれましたけど、
普通の常識的な頭のままで、ツールなりビジネス教材に立ち向かったとしても、
稼ぐことは難しいでしょう。

だから早めに知っとくべきなんです。
その世界は、常識的ではない世界。常識的ではないから、社会で生きるのと別の努力が必要となる。
その為に一番いいのが、そういう考え方を自身の頭ン中にインストールしておくこと、なんです。

だから初心者のウチに会いに行った方がいいんです。

早い段階で、非凡的な脳みそを手に入れておけば、
あとはツールとか教材を見て「なるほど、そういうもんか」って納得して、淡々と作業進めればいいだけです。

いや、マジな話。そうですから。

誰だってノウハウコレクターなんて、嫌でしょうし^^;

銀行員から金融屋というステージに移った彼の場合

常識の話ですが、今現在、
現在、200万円台で働くサラリーマンの人口が、およそ全体の半分を占めています。
(マイナビで検索してください)

恐らく、
年収が200万円台で働くサラリーマン(派遣社員・スタッフ・アルバイトを含む)
人達は、それだけの金額でやりくりしている人がほとんどでしょう。

会社の月収だけなら、僕もこの中にスッポリ収まっています。

 

そして今は、コレが世間一般の常識的な、ステージです。

 

もちろんバブル経済の頃ならもっと上がっていたでしょうけど、
今はそれは皆無なんです。正社員などなら昇進とかのチャンスはあるでしょうけど、
それも5年後か10年後か、とにかくよくわからない年数になることに違いはありません。

だからといってふさぎこんだまま鬱状態になると、事態は悪くなっていく一方です。

だからそうなる前に、自らがアクションを起こすべきであり、
早いとこヤバくなった時の逃げ道(選択肢)を持っておかないと駄目なんです。

 

僕は色んな人とお話したと冒頭でいいましたけど、元銀行の社員さんとお話したこともあります。

名前は伏せますが、今現在、その銀行は無くなっているそうです。

あまりに巨額の不良債権を抱えまくって、
もうニッチモサッチもいかなくなってしまって、あえなく倒産の運びとなったとか。

そんな中で、過労オブ過労という、鬼レベルに多忙な毎日を過ごしていたそうです。

週6日勤務で残り1日も出勤せざるを得ない場合もある、
バイトや派遣をガンガン切っていって、社員が下手間作業&本業を月150時間超えの残業をする始末。

もう耐えれるかって感じで辞めたみたいですけど、
そうしたら次は月々の給料やら支払いに、たちまち困るワケです。
生活はどんどん苦しくなるし、さ~どうするかってなった時、とりあえずは、バイトをしていたそうです。

もし家に篭もりきりだと寝てても起きてても同じ格好するし、
人様の前にでていけない格好になるし、それが続いて悪循環になってしまう。
良くないスパイラルなワケで。

 

なので、アルバイトをしにいった先が消費者金融。当時32歳。

 

面接資料もロクに見ないし、
とりあえず銀行マンってだけで採用。

そういういい加減な採用の仕方しかしないので、やはりそこでもブラック。
店長居眠りこいてるし客引きがめっちゃ強引だし、貸した相手脅すし・・。

ただしギチギチな銀行業務に比べて、いくらかマシだったみたいで、割とすぐに染まったそうです(笑)
今じゃ支店を任されてるそうですよ。

銀行を退職して、金融屋。

なんというか、今の時代に合ってるのか合ってないのか。
でもまぁネット社会の現在って結構何でもかんでもハードル低くなってる感ありますから、
それもひとつの人生だなって感じます。

それに金融といったって、
常に脅しかけてるワケじゃなくって、ちゃんとお客さんを相手にしてお金を貸し借りしないと駄目で。
だから嫌でも自分の規則ギチギチな性格を直していかないとならなくって、
嫌でも硬い表情がほがらかになってくるワケなんです。

暗くしてたらお客さんつきませんし。あっという間にクビですからね。

社会的信用!?クソ以下じゃ!!

といっても、こう思う人だって居るハズ
「いやいや・・金融業界なんて。プライドが許さん・・。」
なんて思う人だって居るでしょう。

 

いや、知らんがな!m9(^Д^)

 

そのプライドはどこから?自分の人生経験から?

 

じゃ~~~捨てろ、今すぐ捨てろ!
過去キャリだの社会の信用がねーだの、

そんなの縛られる事とか全ッ然ないですよ!

 

金融だろうとキャバ嬢だろうと仕事は仕事じゃ!!
立派に勤めて、形式はなんであれ価値を与えてお金を貰う!!それのどこがイカンのや!!

 

(^ω^)プライドだけあって、

おまんま食べれますか?????

 

(╯°□°)╯︵ ┻━┻

食べれませんよね??????

 

まー・・。金融っていったら、
グレーなイメージもありますし、僕もそう思う部分あるので。
法律さえ犯してなければ、全然良いかなって感じるところです。

少なくとも僕はそう思います。

プライドを捨てて、ステージの高い人と居れるかどうか。

ネットの世界には、高卒でガンガン稼いでる人や、
ホームレスからIT系長者へのし上がった人も珍しいことじゃありません。

ITバブルっていったら、まだまだ続くでしょうから、これからも排出されていくでしょうね。

そして高学歴とか大手の商社に勤めていた人は、
往々にして「プライド」という部分が邪魔をして、人に素直に、教えを乞えない人がいらっしゃいます。

僕のことを「え、夢追った崩れですか?」とか笑いながら言ったヤツも居ました。
(そいつはなんたら大学法学部で今は大手家電メーカー勤めです)
そうだよ、崩れだよわりーかよって思ってそこから先は相手しませんでしたが。

 

男だけのことを言いますが。

男はヘンにプライドが高かったりするのでリストラや減給に怯えたり、
左遷されるような身になったとしても、なかなか自分から別の事を起こす・アクションする、
有益な情報を誰かに教えて貰う、ってことをしない生き物です。

僕みたいな独身者なら身軽です。

でも奥さんや子供が居たりすると、そういう傾向は益々強くなるでしょう。

バイトしたり、ネットで収益活動しようとしたりするものなら、
「私は◯◯(職業)なあなたが好きだから結婚したのに!それなのに!」って感じで、キツい言葉をもらう可能性もある!
みたいな強迫観念的な事だって頭によぎるでしょう。

 

だから結果として何も言い出せんくなって、自分を追い込んでしまうと。
そんなケースは珍しいことじゃないんです。

自分の居るステージから降りて、
新しいステージに行こうとするのは正直、勇気の居ることです。

ただし、仕事がないなんて言ってるのと、
プライドが許さないなんて言ってるのは、仕事なら自分だけで稼ぐ方法なんて、
今の時代はどこでも転がってるし、プライドなんて捨てれば良いんです。

 

社会的信用?ハ!クソか、いらんわバカタレって感じで
ちなみに、僕はそう思ってます(笑)

 

そんで、仕事の関係やらで何かがあって、
引きこもってるくらいならとにかく外にでてみませんか。
ネット上に何かを発信するっていうのだって全然良いんです。

そしてとりあえず働いてみませんか。 そんで新しい気づきがあって、
新しい人との出会いだって、絶対に生まれます。

追伸

社会的信用云々って考え方は、

僕の出した書籍の下巻に、つらつら書いています。よかったらご覧ください。

イラつくか、納得するか、両極端だと思います(貰った感想によると)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る