ブログ

めっちゃ簡単な、得意分野の見つけ方と活かし方

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

ジミィです

bandicam 2016-07-15 09-06-31-366

ステージの高い人に認めてもらおうって事を、
以前の記事で書かせてもらいましたので、まだ読まれて無かったら、
そちらを先に読んでもらったほうがいいです。
こちらを参照にしてください

いつもどおり長々しいですけど、
自分が出来る範囲の中で、そういう「実力者」成功者の人達が求めるものを、
差し出せるという「姿勢」を見せることが大事というお話をさせてもらいました。

 

そう。姿勢って大事。

見返りを狙って対談を撮りたいとか言う時、何かを紹介する時、
はたまた個別でのコンサルティングをお願いするときなどケースはそれぞれですけど、
やはりお願いする時の姿勢って大切です。

例えば僕だったら

「僕のコンテンツをどんだけ見てて、腑に落としてもらってるか」
なんてことはじゅ~~ぶん立派な姿勢だなって思うし、今の境遇が苦しい!だから助けろ!って、
演技かどうかはさておいて、

想いの丈をブワアァアアって言いまくってくれても、それでも「姿勢」になります。

 

言っておきますが、綺麗な敬語を並べるだけって、姿勢もクソもありません。
僕自身言葉といったら、そりゃ~メチャクチャな丁寧語オンパレードですから。そこは最低くらいしか必要無いです。

 

また、僕も、例えばあなたの存在が、
ビジネスの要素的に興味深いような情報だったりすれば、こちらからお願いすることだってあります。
それで受けてくれたら、僕からあなたへの好感度は鰻登りです
(そんなのいらねーって言われたら泣くしかないですが・・)

ただ、情報提供したり、
何か有益なことをもたらそうとする時に注意することがひとつ。

単純に情報を流すだけだと、単なる「情報を持ってきてくれる人」で終わってしまう可能性があるんです。
ガッチリと、自分の今居るポジションを確立しておきたいってとこですよね。

ポジション、確認したりしてますか?

自分の今居る立ち位置って、簡単に入れ替わってしまいます。

例えば、会社。
現在はその企業で役職者としてバンバンやっているけど、
もしその企業が倒産したり傾いて辞職しないといけなくなった場合、
別の場所・・ 例えば食いつなぐ為にコンビニ行ってバイトするとしても、
そこでは50代の元キャリア官僚だって高校生のバイトだって、同じ立ち位置です。

その高校生が生意気言うから元キャリアだったんだよって話をしたところで、
そんな事よりカップ麺の棚陳列しといてくれよって、普通に言われたりします。

 

そういう光景を大森町駅あたりのサンクスで見たことがあります・・。

なんとも言えない気持ちになりました。

 

とまぁ、ポジションなんてホント簡単に替わってしまうんです。

また例を出すと、若くてかわいいポジションなんて典型でしょうね。

部内でモテモテのOLさんが居たとして、
その人は「かわいい、若い、美人」売っていたとしましょう。

 

でも会社内に若くて綺麗、新しいコが入ってきたとすればそりゃ、
前までマドンナ気取りだった人が居るとすればトップは若いコの方になってしまうでしょう。
それ以上にそのマドンナさんに魅力があれば別ですけど「若い、かわいい」ってだけで勝負してたなら、確実に負けです。

そうならんようにするために、簡単に揺らぐことがない、
ドシッとした安定基盤=ポジションを作りこんでおくことが大事なんです。

ステージの高い人達との間に、揺らぐことがないポジションを作るには

それじゃあ、

どうやってステージの高い人との間に構築したポジションを、
継続することが出来るのか。

大切なことは「ひとつの物事に特化した存在になるっていうこと」こそが鍵を握ってます。

 

具体的なことをいうと、自分が最も得意としている分野を探しだして下さい。
そして自分が憧れている人やお近づきになりたい人から「この人俺にとってニーズ(需要)あるな・・」
みたいに思われるまで、負けないって確信を持つまで昇華させてみてください。

僕だったら、やはり声の技術は、ネットビジネス実践者の誰にも負けたくないって思ってますから。
動画マーケティング全盛なので、やはり需要はありますよ。

また、逆に「ネット環境」「お金」「投資すること」に関しての知識は、
ここ1年ほどはガチで勉強したり実践してきたりしてるので、0から始める堅実的なお金の投資方法・貯め方は、
成功者さながらに語ってのけれる自信はあります。

 

なんだかんだ言って、実践と失敗を経験してる人間なんで、そのあたりの逆境に関しても強いってのは自負してますから。

手痛い失敗を繰り返しつつ、そこから掴んだちょっとした成功って、
自分の中にこびりついて離れませんからね。

ネットワークビジネスの件では無茶に誘いまくって友人も離れていったし、
多大な迷惑をかけたひとだっていらっしゃいます。あるいは、無茶なSNSアカウントの運用して、
百個単位のアカウントを一晩で全凍結させたことだってありました。
(確かに一晩で20万くらい稼げましたけど・・)

その時は奈落の底ですね。どんだけ稼げても、単発だと意味ないので。

 

ただし僕はこうも思います。
「失敗なんて、自分自身の肥やしにすりゃいいじゃん」って。

 

仕組み作るとかビジネスやるぜって話。成功体験なんてどの情報発信者もある程度してますから、
そんなのは読者さんは飽き飽きしてるんですよね。

でもひとの失敗談を聞きたがる人ってたくさんいらっしゃいます。
そういう「しくじりネタ」をいじるような番組だってありますし(笑)

確かに反応の良かった記事とかメルマガとか思い返すと、失敗談を語ってる事が主でした。

 

なんというか・・ここは開き直りです。
この日本国家で、お金を失ってもすぐにすぐ命までとられるなんて事は、ありえないワケで。
よくよく考えて飢え死にするって事はありませんから。

「ホームレスがダイエット」なんて事が出来る国で、
よほど切羽詰まった環境で無い限り飢える事は、無いです。

書籍でもブログ記事でも色々語ってますけど、
僕の失敗談をこうやって笑って、盛り上がってくれたら、それで万々歳です。
盛り上げネタを大枚はたいて買ったと思えば全然良いかなってのが考えるとこです。

とにかく伸ばせ!短所は捨てろ!長所だけひったすら↑!

ビジネスとか収益化をしていく、そんな現場を踏んでいこうとする中、
自分自身が得意だと思えるような部分が見えてきたとして、その部分だけをドンドン伸ばしていってください。

 

その分削るべき短所が出てくるかもしれませんけど、
そんなのは突出した長所の前では全くもって無力です。スルーするのをオススメします。

伸ばして突出したチカラを持ち続けることにより、
自分自身が良い循環にのれるようになるのです。

ベンチャーをしてる人達のもとに、何故多額の融資や、
出資が集まるのかといったら、それらベンチャー起業家が突出したチカラを持ってるから。
その人の持ちうるチカラ、アイデアとかに共感した・認めたって人達が、
お金を出してくれるようになるってことなんです。

 

得意な分野なんて無いし・・。
なんて謎な事を言う人だって居ますけど、

bandicam 2016-07-15 09-14-18-639
無いんなら作れば良いっていう涼宮ハルヒ的な理論がここで役立ちます。

例えばココに同ジャンルの本が5冊あります。一ヶ月かけて、読んで下さい。5冊とも。
そして全部インプットしたら、それをブログコンテンツにしてください。

ブログに落としたら、それを動画にしてガンガンYou Tubeなりにあげていってください。

それで、得意分野は完成します。

 

得意分野って、自分が本当に誇れるモノが一番なんですが、
それと同時に即興で作って、情報発信したって、その記事を見たら
「これを書いてる人はその道のプロなんやな」って思ってくれたりします。

自分が得意じゃなくても良いです。
最低、人からこの人はコレが得意だっていう、植え付けをすることは可能になります。

 

あと大事な事は、直感的能力を磨くってこと。

直感力って目の前のすごいモノに気付くという「審美眼」的役割があります。

それを身につけるには、
一番良いのがやっぱり、感受性高い人に頼るとか、一緒に仕事したりするのも良いですし、
そうしてると物事の見方や先読みのチカラというのが自然と備わってきます。

危機察知能力や、空間把握能力など、色んな面でするどい感性が発揮されることになります。

平等って、ほんとに大事なことなのか?

突出するの対義語は、平等です。

平等事態は全然悪いことではないんですけど、
重要なのは「結果としての平等」じゃなくて「機会としての平等」なんですよね。

 

結果としての平等・・。

とにかく優秀な人もそうでない人も、
みんな給料は同じっていう世界で、社会主義経済の国家がソレですね。

なんというか・・。ナンセンスなんですよ。
格差って広がって当然じゃないの?って動画を上げたこともあるんで、
良かったらみて欲しいんですけど、各々の国を見ていると旧ソ連は壊滅しましたよね。

そういうモデルを見てるからこそ、中国だって共産党バンザイな独裁国を演じながらも、
経済的な方面だけは資本主義社会になっていったんです。

 

機会としての平等性は失われてはならない。って僕は考えるとこで。

つまりチャレンジするそのものは、この日本国には誰にだって与えられていて、
その平等機会は絶対に活かさなきゃ損だなとも感じるんです。
そういうチャンスを与えられて頑張った人だけが大成して資本主義の社会を形成していくって事なんですね。

本当に優秀な人が自分の才能をますます伸ばして、
周りの人でさえも巻き込んで変えていく・支えていくってスパイラルは、
どんどん巻き起こるべしと思ってます。

 

追伸

そういう社会を目指すように、
僕らも考えていかなきゃイカンなって感じます。

恐らくそうなったら世の中は素敵。

 

最近ではチャレンジをしない学生とか若者が増えてるって聞きますけど、
やっぱりそれは、サラリー第一主義な学校教育が問題なのかなぁ~と。

以前、大学の奨学金を性風俗で返してる女の子の話しましたけど、
あぁいうコが平然と出てきてるのにそれには目をつぶるべきってのも可笑しい話です。

だから、チャレンジなんてして当たり前。

そんで非常識だろうとなんだろうと、自分の進みたい方向に進んで何がいけないだ?
という開き直りの精神を持つ連中が、ちょっとでも生きやすい世の中になってくれたら、
日本はもっと開けた社会になってくるって考えますね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る