ブログ

英語が喋れるからって、それが本当に役に立つのか

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

ジミィです。

bandicam 2016-07-16 11-23-43-777

国際化だグローバル化だとか、
色々騒がれてるしこれからはインバウンド系(外資)の人達が、
ザザーッと押し寄せてきて、僕らの食い扶持を根こそぎ拾おうとするでしょうね。

詳しくはこちらの動画を是非ご覧ください。
これからの時代、高確率で消えていくであろう職業を羅列しました。
そりゃ国際化になったら英語は必修科目です。
出来ないよりは、出来たほうが良いに決まってます。

英語じゃなくても中国語でもなんでもいいから、
話せる言葉は少しでも多いほうがビジネス面でも人生面でも、幅が広がりますから。

僕みたいなヤツは国際会議とか無縁の存在だし、
そういう政治家達との交流だって皆無だから別に良いんですが、お話出来ないと馬鹿にされる時代にはなるでしょう。

特に最近は、にわかチックなインバウンドの景気が世の中に押し寄せてきとるワケなんです。

そりゃ日本においでなさった外国の皆さんとは、
ペラペラ話が出来るようになったほうが楽しいにきまってますからね。

でも、英語を必死で覚えるのって、必修科目かどうかと言ったら、そうじゃあないですよ。

英語通になる必要なんて、全然無い

英語は話せた方が良いですし、楽しいです。

でも英語だけをガガガがって勉強するというのも、なんか違います。

仕事柄で通訳の人とかは、
言葉のプロですから徹底的に習ったほうがいいと思います。

でもね・・。

英語って、楽しく話すとかビジネスに役立つとか色々メリットはありそうですけど、
とことん突き詰めていけば単なる「道具」「ツール」の位置づけなんですよ。

日本語みたいに最初からペラペラに喋れるワケじゃないから、
最初から教育受けてないモノを喋れるようになるまでは、並大抵の努力じゃ覚えきれないんじゃないかと。

 

だからいっそのこと、英語とか中国語とかは、
道具という位置づけにしてしまった方が良いよって僕は思います。

だって、別にね。
仮にビジネスで使おうとかっていうんなら、自分で、覚える必要なんてなくて、
それこそ通訳の、英語日本語が流暢な人を一人連れて行けば万事オッケーなんですよ。

言葉が通じればOKなワケなら。それで十分です。
いろいろ交流したいっていうんなら、また別の話ですけどね。

 

だもんで、出来ないよりは出来たほうが良い「程度」だと考えるとこです。

喋る喋れないとは、別の部分でのデメリット

日本にインバウンド的な景気が押し寄せてきてしまってるので、
日本国民全体が「英語は覚えなきゃいけないんだな」って考えにはなってます。

話せたら、そりゃ楽しいです。

でも、ビジネスだけで使おうと思ったら、
さっき言ったように「語学職人」を一人雇えば良いだけのこと。
(もちろんそれ相応のチカラ=資金を持つ必要はありますが)

学歴とかと同じです。ないよりはあったほうが良いって、レベルでいうと。

でもそれとは違うデメリットみたいのもあって、
僕はこっちの部分で英語は必要じゃないのかなって気はしてるんです。

 

ちょっと海外系のメディアを覗くと、やっぱり英語ばっかりです。

例えばTwitter系のアプリをいじるとか、SNS系の設定をいじくるとか、Googleのツールをインストールするときとか・・。

一応そういう解説サイトがあるからなんとかなってますけど、
もしそういうサイトが無かったら、英語をイチしか学ぶしか方法が無いワケで。

それって時間もかかりますが、
仮に分からず、英語がわからないからと誰かに翻訳を頼んだとすれば、
その時点でお金が発生します。雇うワケだからね、普通は。

英語がわからないからツールをいじる度に誰かを雇う、
英語がわからないから設定をちょっといじるだけで誰かを雇う。これじゃキリがありません・・。

それに、そういう単に言葉が読めないだけで、
間違った情報を「知らない誰かから教育」されてしまうリスクだってあります。

 

当然です。こっちゃ英語なんて分からんのですから、理解してる側の言いなりです。

 

投資系でもなんでもそうなんでしょうけど、
翻訳された日本のメディア経由の情報よりかは、海外から産地直送で仕入れたネタの方が、
鮮度も良いし味も良いに決まっています。

もしかしたら今見てる英語系のサイトだって、
日本人が都合の良いように情報操作してる可能性だってあるワケですから。
やっぱし喋れずとも、読めたほうがいいのは当然なんでしょうね。

 

一分一秒が勝負である株式投資の世界では、
どこそこの市場・株価が暴落してる!その背景とは?日本にはどんな影響が?
というのを、逸早く知ることは可能となってきます。

マネーの世界ってマジで俊敏性って大事ですから・・。

だもんで、海外メディアが常に言ってる情報をリアルタイムで把握しようってんなら、
英語は大事なんだよなとも、考えるとこです。

読めないよりは、読めたほうが良い

「自分はずっと日本で暮らす予定だ。海外へ移住しようとか、
そんなことは毛ほども考えていないし、コミュニケーションとることも考えない」

って人も勿論いらっしゃいますし、
もちろん英語で喋れなくっても問題は無いかと。

でも読めるようにはなった方が良い。
海外メディアの情報に強くなる為には必須ですからね。

 

例として
「NY株暴落!原因は、米国中央銀行が利上げに踏み切る方針を示唆した」っていうのが
「NY株暴落!原因として、銀行が利上げをする意向を硬めた模様です。」というのであれば・・。

示唆したってのは、検討中。意向を硬めたっていうのは、本決まりって感じで。捉えからがまた違ったものになってきます。

こういう時に、誇張とも言えるような日本の記事を読んだ上で
「本当に利上げを決定したんだろうか」なんて疑問が上がった時に、
英語が堪能なら、真っ先にアメリカメディアを漁りまくって正しい情報を手に入れることが、
可能になってきます。

 

例えば僕でも知ってるサイトで
「ニューヨークタイムズ」ってとこにいけば、大体のことはわかります。
(朝日新聞電子版のようなヤツです)

そういう情報を手に入れたとすれば、それはまさに株で食ってるような、
日本経済に直結した生業をしてる人達が喉から手が出るモノです。

僕だったらどうするだろ・・。 そういう人達集めて、リスト取りするかな(笑)

ともかく、タイミングよく提供できたら、あなたの株というのも、
グイッと上がることは間違いありません。

英語は知ってる方がいい「レベル」

とにかくガムシャラに英語をやろう!!
というのは非効率すぎますし、オススメしないです。

ただ、喋れなくても良いけど読めたほうが良いっていうのは、あるでしょうね。

それに日本人で英語を知ってるとなったら、
とてつもなく「神のような人だ」って感じで、僕なら崇めます。
そういう魅せ方ももちろんありますが・・。単純に、理由も分からず英語が大事!やろう!っていうのは、
ナンセンスですよね。

 

そして英語はペラッペラだけど、実益に活かせない人だって居ました。

例えば、かつての声優の事務所に居たのが、
英語が得意で、得意気に英語で僕に話しかけてくるのがマジうざかった女子。

「なんやねんいつもいつも・・」って思ってたんですけど、
肝心の芝居といったら、発声出来てないし抑揚はペラッペラだし、何一つうまくありませんでした。

彼女も、仕事の部分が良くなかったせいで得意な英語を活かすことが出来ず、業界を去っていったひとりです。

 

英語ができたら自分の活躍の場って広がるし、
ステージだってグイッと上がることは間違いないでしょう。

でもホントに大事なのは「自分が今やることをキチッと身に付けてるかどうか」

得意気に私こんなに喋れるんだぜって感じで言いまくるってのは、
そりゃ違うはなしだべって感じるとこです。単純に「痛い人」みたいに思われる事だってあるやも、です。

英語は単なるツールのひとつ。
それ以上に大事なモノを、もっと磨いたほうがよっぽど有意義なんだよという、
そういうお話でした。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る