ブログ

日本のサラリーマンが心から「幸せだ」と言えない理由

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

ジミィです。

お金=価値の対価。

資本主義による金銭取引の本質部分は、常にコレです。

モノを買うのに物々交換だなんて、今の時代は化石同然だし、
場合によっては警察を呼ばれかねません。もっとも、僕はそういうのも面白いなって感じるのですが・・。

そして、ふと、この本質部分を考えた場合。

企業側から見た、労働者達が、
どういう待遇にせよ、なぜ「愚痴・不平」を持つようになるのか?という答えに、行き着く事ができました。

【自分の商品は、あなたの会社へ「労働力」を提供することです。】

「お金とは価値の等価交換」
今一度、この意味を考えてもらいたいのです。

そう考えれば、幸福度が低いサラリーマンが多いのも、大分頷ける話。

商売も何もやってない、そういう人にだって、差し出せる価値がたしかに存在します。
それが「労働力」という概念。

もっとも、あまりピンと来ないかもしれないけど、事実そういうことになります。
僕だって副業メディアワーカーですから、労働者です。でも、実際のこと考えると、そうなります。

 

まず。企業勤めの、サラリーマンの場合。

企業側は、毎月一定の「労働力」としてあなたの「時間」を買い取ります。
その買い取る対価が、お金、すなわち給与の存在です。

時間と労働力という価値を差し出すから、企業はあなたにお金をくれる。これが、
サラリーマンにおける「給与」であるサラリーです。

まぁ、極端に理屈っぽくなったけど、そういうことではないでしょうかと。

 

もっとも、高校ン時の友人にこういうこと言ったら顔を真っ赤にして怒ってた。
「俺たちはモノじゃない!」って。口を滑らす癖は直さないとヤバイね・・。

だが、なんで幸福度が低いのか、今の説明でおおよそ分かってもらえたと思います。

限りありまくるのだよ。僕らって。

いわずもがな、時間と体力(労働力)は有限です。

身体から切り離して、分身させて一日24時間の単独行動させるなんて、不可能です。

だからどれだけ無理しても、24時間以上は働けない。
そして、会社で言うと一社か二社で働くことしかできない。

一箇所でしか働くことしか出来ないから、価値の提供できるのはその会社だけです。
価値の提供量が少なければ、もらえる額もそれなりだ。

企業があなたに払える額も上限があるため、無理に釣り上げようとした日には、会社組織を相手取って大立ち回りを演じなければいけません。

 

例えば、僕は東京で声優活動をしてた頃、
ほんとに色んなバイトを経験した。ゲーセン、引越し屋、荷物配送係、葬儀屋の派遣、ベルトコンベアの点検係(石鹸会社)

そのなかのゲーセンで例えると、時給700円のゲーセンのバイトを8時間やると、5600円。
365日働いても、余裕でワーキング・プアとなります。
(参照 ワーキングプアとは

これで「俺は心から幸福だ^^」なんて言えるサラリーマンの方が居たら、真面目な話、
お寺でお坊さんとなり、悟りを開くための修行をオススメします。いや、ほんとに。
岡山にお住みなら、お寺をご紹介させていただくので、是非一声かけて下さい。

そちらの方がよっぽど向いています。

また、企業はギリギリラインで、あなたを買い取ろうと画策します。

残業代が出る会社なら、この社員のタイムカードに不正は無いか、
もっと給与分を削れるところが無いか、徹底的に粗を探しまくります。

・・まぁ、当然です。

買い物は安い方が良いから。同じ性質・能力なら、安ければ安いほど、コスパが良いんですから。

 

企業の目的は徹底した利益追求であり、ボランティア団体ではありません。
人件費という最も経費のかかる一部は、削りたくってウズウズしてるのはバブル期とかを除けば、
どの時代もさほど変わりません。

例えば、同じような結果を出せるBとA。

仮にリストラするとして、
企業の本音を言えば、与えれるお金が少なければ少ないほど、残しておきたい人材です。

某有名居酒屋チェーンでは、人員減らしをする際に同じ能力のAとB、
どちらともと面接をして、給与面が現状で良いか悪いかで聞いて、満足だと言う方を残して、
もう少し上げてほしいと勇気を出して言った方をアッサリ切り捨てたそうです。

「人材」とは、人の材料と書く。所詮、その程度です。

例え誰かが居なくてなっても、企業は変わらず回っていく。企業にとって人なんて、そういうものなんです。

 

最近、スーパーや書店・ドンキホーテ等でも、
出稼ぎでやってくる中国人等の外資の人達は、引く手数多だと聞きます。

というか、二人に一人は話しかけたら店員が外国人です。
日本語を片言ででも喋ってくれるので、ありがたいといえばありがたい。

そしてあぁいう海外からやってきた方も、同じように「労働力」を持っています。
しかも彼らは同じ日本人より、圧倒的に賃金が安いのです。

同じものが安く買える場合・・あなたならどちらを買うか、言うまでもないですよね。

自動化という、魔の手

様々な技術の進化により、機械・ツールによる自動化・便利化も年々発達し続けています。
自動化が進み、産業自体は常に向上し続けている、単純な労働は機械がしてくれる世の中。

そしてスーパーではセルフレジ化が進んでいます

ガソリンスタンドも、セルフスタンドが当たり前となりました。

顧客に手間を取らせることで、人員減らしを図り、人件費を削る。簡単な図式。

病院の受付も全て機械が行い、人の手間が極力要らないようになってきています。
事務業務でさえ、ロボットにやってもらえます。

会社にしてみれば、機械は定期的なメンテだけで、愚痴も何も言わない。運営上、まことに合理的。

 

団塊以上の世代が、
「なんでも機械に任せるな!人のぬくもりのないサービスなんて!」
なんてことを言ってるって話を聞くが、
そういう人らに限って若い世代の意見を聞かず自分を押し通す事しか脳が無いんだから、世話はありません。

さらに言えば自分らの職を奪わせたくない言い訳にしか聞こえません。

工場のラインだって完全機械化だし、タクシーも自動化が進んでいます。まぁ、無人でタクシー・・さすがに怖いが・・
そういえば、ソフトバンクの孫社長が、大量にロボを入れて、
労働人口減少の穴埋めをするっていう発表をしたのをご存知でしょうか?

人よりよく働いて、愚痴も言わない(ここ大事)、定期的なメンテだけ行えば永続的に動作し続けます。

買い切り型だから人より安値になることは間違いないでしょう。
間違っても、人件費程度・年間200万円以上かかることもないだろうから。

 

そうなると、特別なスキルもなく言われたことをそのまま実行するだけの労働者の需要は減っていく一方です。

そして、仮に、このまま労働力だけを提供し続けることしか出来ないなら、
以上の理由で労働力としての価格は、自ずと下げられます。

つまり、いつまでも安かろうで働くしかなくなってくる。
自身が労働力以上の価値を会社に提供できなければ、団結して給与を上げろ!と言ったところで絶対にハイとは言いません。

そうなると新しい労働力の検討をするか、小額の賃金アップを言ってくるハズです。
いずれも一筋縄ではいかないでしょうけどね・・。

自動化の仕組みってさ、ほんと大事だからさ。

口酸っぱく言ってる事ですが、ほんと自動の仕組みって大事で。

つらつら書いてきましたけど、これだけ不安定要素だらけな生活をしてて、
幸福感が上がるワケが無いのは、理解してもらえたと思います。

というか、実質的なお金が手に入らないから、幸福度なんか上がりようがありません。

労働力だけを提供し時間を売ってる状態だと、
将来的には職種によって、すごく危険な立ち位置になります。

 

そういえば以前僕が石鹸工場のラインに入ってる時のこと。

将来は何かの会社を持ちたいと冗談で言った時、となりで聞いてたジジィが
「会社だ?あめぇ事言うな、ワシらみてぇなモンに出来るワケねぇだろうが」って声大で言ってました。

そこから「ワシがおめぇくらいのときにゃ~~」って説教が始まったので、ガン無視して弁当食ってました(笑)

まぁ、あのクソジジィが今どうなってるかはさておいて、
労働力としての価値は年々低くなる一方なのに、それだけを自分の商品として平気でガンガン売り払ってる人らのが、
正気の沙汰じゃないと今は思います。

キツ目な言い方で申し訳ありません。

でも、自分の時間を好きでもない仕事をお金のためだけにガンガン使っている人だらけな、この状況。
どうにかしなきゃと思わないほうが、マジで頭がおかしいです・・。

 

今一度言いますけど、仮に自分が労働力しか無いと思った時に手に入れるべきもの、それは
「自分が居なくても、働かなくても、収益を発生しつづけてくれる仕組み」そのものです。

労働力だけを切り売りしてる状態では、絶対に頭打ちの時が来ます。

そうなる前に手を打つ必要があるが、
今言ったような仕組みがあれば、お金を稼ぐために自分の労働力を行使させて働く必要がなくなります。

 

IT系・ネットメディアで情報発信をしている人達が、
非常識なほど稼いでいるのに、やりたいことばっかりやってるワガママ野郎が多いのは、
そういう自分の労働力以外の存在を作っており、仕組み達に常に働かせているからに過ぎません。
(詐欺的な事してる人もいるので、審美眼は大事にしてもらいたいですが・・)

ジミィの使ってる自動化の全貌

例えば、単純な話、労働力の代わりに、
自分で商品を生み出し、それをネット上に有料商品としてアップロードしておきます。

その商品の有用性に気付いた人が、勝手に買っていく。
僕や大多数のネット起業家が使っている仕組みの一部が、コレです。

もしかして、仕組み仕組みって言ってて、なんのことかと思われたかもしれないですね。

が、仕組みのネタばらしをすればこんな単純なこと。
種も仕掛けも何もない。スマホを操れる現代人ならすぐに理解できます。

 

強いて言うなら文明の利器に助けられているってだけ。

とどのつまり、労働力以外の商品を持つ。
そして、それを提供・販売出来るだけの場所を確保し、その商品が売れていく仕組みを理解し構築する。

これが今の時代オリジナルな、自分のビジネスを作ることの本懐です。

追伸 仕組み化攻略ガイド

自動化やら、仕組み化。

その他自動で収益を得る為の概念をもっと知りたいと思ったら、
是非コチラでお配りしている本を読んでみてください。

様々な特典もつけていますので、それらと共に読み込むと更に理解が深まります。

追伸2

「自動でセールスする?そんなの無理だよ」とか言ってる人も居ましたけど、
ちょっと、周りを見て下さい。

 

自分達の身の周りに、自販機ってどれくらい置いてますかね・・。

 

こんな単純なことです。

当たり前すぎて、みんな気づいてないだけです。

追伸3

Facebookとかツイッターのプロフィール画像を更新しました。

bandicam 2016-07-31 20-34-34-361

瀬戸内は、素晴らしいなぁ!!と叫んでます(リアルに)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る