ブログ

そいつらのことを「汗かき労働信仰者」とでも呼んでやろうかなと思ってるんですよ、僕は

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

ジミィです。

最近読んだ書籍の中に、脱・汗かき労働信仰者論的な本がありました。

日本の労働環境がいかにおかしいかと説いた本で、
腑に落ちる事だらけで久々に食い気味で読んでしまいました。

頑張って仕事をしよう!それに意味があるんだよ!(キラ目)

面白い内容でパラパラ読んでたのですが、
その中に「マクロを使って仕事を効率化したら、ズルいと言われた」という一文。

ヤフートピックスか何かの知恵袋から、
相談項目を持って来たのを解説していたけど、本当にコレは意味不明で・・。

相談内容はこう。

「手作業でやっていた、Excelの表取り作業があります。どれだけ手早く勧めても一時間はかかるので、とても効率が悪いのです。
そこで私はExcelのマクロ機能(自動化プログラム)を利用して仕組みを作り、自動的に終わるようにしたのです。
そして、一時間だった作業はマウス1クリックで済むようになり、大幅に作業効率は向上したのです。」

マクロを使った自動化・・。
Excelがチンプンカンプンな僕にとって夢の様なことだ。素晴らしいことです。
しかしこれのどこが問題なんだろうと、さらに読んでいると、

「しかし私の先輩はこれを、ズルいと言って非難してきたのです。」

・・なん・・だと・・?

相談者の先輩いわく
「Excelでマクロを組んで自動化して終わらせても、ズルしてるのと同じだ!それじゃ仕事が速いとは言わないんだ。
仕事が早いというのは、みんなと同じ環境で、どれだけ同じに効率よく作業ができるかなんだよ。」

と、堂々と言い放ったらしい。何の疑念をする様子もなく。

 

・・・・・・どう解釈すればいいんだろうか。本当に意味がわからない。

話が支離滅裂どころの話じゃありません。

効率的に、しかも皆と同じ環境で手作業で、効率的に。
きっと、その先輩は日常的に頭がオカシイ事を言う人なんでしょうね。そうに違いありません。

 

まぁ、察するに恐らくですが、この先輩は「姿勢」の話をしているのだと思います。

「効率的に、皆と同じように仲良く手を取り合って、頑張って作業していますよ(超笑顔)」
というウルトラ微笑み丸で仲良く作業をこなして上司や同僚に評価されるのが仕事だと、
この先輩様は仰っているんです。

 

なんと素敵なお花畑思考だろう、

大事なのが結果じゃなくて過程や態度なんて!
あなたは一生そのままで居て下さい!と思いました。ハイ。

 

ま・・もう、それは置いといて。

こういう風に、
結果重視でどれだけ利便性の高い仕組みを作って生産性を高めようとも、
それより「みんなで汗かいて一緒にお仕事するのが本義なんだお!」っていう、
古来日本帝国的精神論が今だまかり通ってる会社が存在するのが、理解不能です。

汗かき労働信仰者ってさぁ・・。

日本における汗かき労働信仰者達、
彼らは「仕事・労働」これらを絶対神として崇め奉っています。

 

東京に居た頃、僕はいろんなバイトをしてきました。

旅客船の皿洗いや配膳係等。ココには書けない泥臭い仕事もこなしてきました。

だが、それらを僕が夢・目標への糧としていたのと違い、
例えば旅客船に乗っていた時に見たのは、自分自身を労働のみに捧げている人たち。
もれなく目は死んでいました。

いつもいつも、皿を洗う、運ぶ、使い済みの皿を持ってくる、洗う。
この繰り返しで昼食後も、皿を洗う、から繰り返す。
彼らと話した回数なんて、2回ほど。「これ」「運べ」くらい。

 

無論、日本人なのか中国人なのかも分かりません。

そしてバイト上がりで帰ろうとした僕に向かってチーフが
「みんな残業に入るぞ、お前かえるのか?」と謎の引き止めを食らうことに。

基本的に残業代は出ないバイトです。

にも関わらず普通にサービス残業をしてるその人達は、本気で狂ってると思ったので・・・
「いや、かえりますよ」と普通に帰りました。

 

その後派遣元から、
「片岡くん、船のバイトで苦情来てるよ。みんなと合わせてくれなきゃ」
って言われたのも、狂ってると思いました。

おそらく「アイツつかえない」「怠け者」「ダメ人間」とか言ったんだと思います。

 

労基に通報して出せと言われた書類を提出したが、結局その後あの派遣会社がどうなったかは分かりません。

ぶっちゃけたこと言って、何か制裁でも食らってたら、ザマァwwwwなんだけどなぁ。

どんなバイト先も基本的に「無理は押し通すモノ」って思ってるところがあるからな

たとえ法が、
「残業代は払いましょう」と味方をしていても、雇用先がそれを握りつぶすパターンなんて死ぬほどあります。

その度に労基は駆け込み寺となったが、
なんでもかんでも「仕事」で済ますこの風潮。考えてみたら、やっぱり異常です。

 

残業代を出さないのも、
「ここサービス残業当たり前だから。それが常識だから」で済まして、
絶対的なモノとし、それに順応している人も異常。

異常なのにそれが良しとされている、
仕事だから大義名分が通るとか思ってる、そんな社会は本当に異常だと感じます。

 

冒頭のマクロみたいなものを使うとか、あとは自動化でお金稼いでる人をみても、
「こんな働かずに稼いでるヤツなんて悪いやつだ!徹底的に攻撃してやる!」という、
これまたおめでたい考え方で、見ず知らずの人を糾弾する図なんて最早ギャグとしか思えません。

 

そういえば前、

こんなTシャツが送られてきました。

bandicam 2016-07-31 23-35-49-941

・・どういう意味なんだろう(汗)

 

ていうか、どこで住所調べたんだろう。

配送伝票からお礼の電話しようにも、使われておりませんとなっていました。

特商法に住所とか書いてた気がするけど、
そんなに気にした事もないので、放っておくことにしました。

働きたいなら、自分だけで働きゃいいのに・・。

話はもどりまして、多分、
自分と同じ分汗かいて労働してない世界のヤツが居ると、
強烈な不快感や嫌悪の対象になるんだろうなぁと(それが歳下とかだとさらに)

情報発信やブログ運営をしてると、ホント心ないメッセージをもらいます。

もっとも、マジな話、こんなことする間にはもっと他にやれることあるだろって、逆に可哀想になってしまいますが。

 

ニートやフリーターに対して、猛烈に攻撃したがるのも、そんな人種です。

たとえば、これも理屈で言いますけど、そういう労働市場から抜け出る人が居るとします。

そういう人が増えれば増えるほど、マジメに汗かいて働く人たちの希少性は高まる。
なら賃金が上がる見込みは、フツーに考えたらグンッとアップするハズです。

自分が働きたいと思ってる会社で働ける確立も飛躍的に上がる。万々歳なことしかない。

なのに、誰かがそういう、
上っ面に働いてなさそうな人を見ると、一生関わりあうことのない人たちだろうにも関係なく、非難し罵る・・。

ほんと・・現中高年層の悪しき習慣だと、誠に嘆かわしく考えます。

見た目ニートに見えても、
スーツや作業着を着ていなくてもしっかり資産構築や仕組みを作りこんで、
自分が動かなくて良い状態にしてる人を、僕は何人も知っています。

 

有名どこで言うと、ユーチューバーとかだってそうじゃないでしょうか。

時々カフェで見る、
「この人何してんだ?」っていうジャージ姿のひとを見ても、
働かないで済む何かをやってんだろうなぁ~って軽く思うようにしました。

もちろん、これからニートが増えるにつれて、生保受給者も増えてくると予想されます。
社会的コストも半端ないことになるでしょう。非難したくなる気持ちも分かります。

 

でも、デイトレだの株だの、FXだの、
パチンコや競馬で生計を立ててる人はどうか?プロのデイトレーダーや投資家みたく、
あの人達は税金をしっかり払い、消費活動もガンガンしています。

そういう人達が非難を言われる筋合いなんてどこにもなく、間違いなく社会的コストじゃない。
それどころか、日本経済の一部を回し続けてくれている、素晴らしい消費者様です。

 

まぁ・・・前に色々あって、僕個人としては、ギャンブル自体は好きじゃありませんが・・。

感情だけで動き「自分と同じ方向を向いてないヤツは敵だ!攻撃する!」
なんて、そんな大昔に滅びた教育方針を持ってこられても、困るだけです。

僕もブログやSNSで過激なことを言ったりしますが、誰かを攻撃するエネルギー。
それがあれば、もっと他に良いことが出来たりします。

追伸

でも、それでも汗かき労働信仰者の彼らは、
「こいつは楽して稼いでんだ!働かずに金を得るなんて間違ってる!」と言い立て、
まっとうなお仕事じゃないと貶しまくる。

もう、こうなったら理屈もクソも無い気がします。
「汗かいて仕事してるかどうか」だけが彼らの関心・思考となっています。

 

そんな汗かくお仕事素晴らしい教の信者様は、
お金は汗をかいて働いてもらえるご褒美なんてことを、本気で信じていおり・・。
だから「俺は汗をかいてこんなに頑張ってる!働いてる!なのに!」と感情的になり、糾弾行動に移ってしまう。

「お金を得るための手段」が、

いつの間にか「目的」となってしまっているんです。

 

もうね、どうしろと^^;

追伸2

Amazonと楽天で発売中。
夢も仕事も何もかも、自由意志で決めてしまえる選択肢を持つためのガイドブック。
定価980円のところ、こちらのリンクから無料配布中です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る