ブログ

「雇われない生き方」も視野に入れるべき

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

ジミィです。

久々に紀伊国屋でビジネス書を漁っていたのですが、この本が目に入りました。

bandicam 2016-08-18 08-19-01-368

「成功は1日で捨て去れ」という本。ユニクロの創始者で、柳井正さんの著書ですね。

 

だいたいこういう成功者が語る的な本は、自分の自慢であったり、
無理くりな行動論を押し付けがましく語っているのが主だったりします。

ですが、この本がそれらと違うのは、本当に大事なのは結果じゃなく、その過程が大事だという話をしています。

数字にしか興味のない経営者とかビジネスマンとかは、
自分達の仕事をどうやったら続けていこうかと頭をひねり、精神論をガンガン出しまくった末に、
消耗戦に突入してしまうことが多いのですが、この本の中で柳井さんは「過程=プロセス」を大事にするからこそ、
結果がついてくるんだよと、力説しています。

 

現場で働くことの意義・メッセージ性は、そんなに強く感じられないですが、
システムの合理性を追求した結果、過程が大事という結論に辿り着いたんだ、という本です。

ユニクロがどうやってここまで成長したのか、
その軌跡と中身を知ることが出来ると思いますので、マーケティングを志す人は、一度読んでみていただきたい本です。

 

さて。その本の中で、柳井さんはこんなこと言ってました。

「サラリーマン増えすぎ」

ちょっと気になった一文で、

「独力で自営業をし続けた人がもっと居れば、
日本はもっとちがう国になっていたかもしれない。雇用にしがみつく者の過多であり、
サラリーマンが増えすぎたのでは無いか。」

と指摘してました。

「サラリーマンは増えすぎ」という柳井さんの指摘は的を射てますし、
日経MJって新聞でも、このままじゃ日本が沈没するよ~みたいなこと言ってました。

なかなかスゴイ事おっしゃる方なのだなぁ~と見てましたけど、
国家規模じゃなくても、企業に頼りっきりの時代では、とっくになくなってるのは、
僕らも感じるところですから。全否定は到底出来ません。

 

サラリーマン増えすぎ・・。

戦後からみたら物凄い勢いで高度成長をしてきましたが、
自分達がサラリーマンに頼りっきりになってしまった事に対して、疑問に感じる起業家・成功者も、かなり多いハズです。

昔はよかった。今はどうよ?

そりゃ昔は、良かったんですよ。

終身雇用もあったし、年功序列だって保証されてたし、新卒の求職者は、
売り手市場で常に優遇されていました。

氷河期なんて言葉が出始める前は、まだバブルの残り香はあったんじゃないかなと思います。

給料だってガンガン上がっていましたし、
「いつになったら正社員にしてくれますか?」なんて言う必要もありませんでした。
というか派遣社員なんて言葉もありませんでした。

 

そして今は、というと。言うまでもなく事情が違いすぎています。

正社員になって身を粉にして働こうと、一生涯の身分が保障されるなんてありえません。
まぁ、飼い殺す気満々の企業は今だにゴマンとあります、
給与なんて据え置きです。オマケに仕事量と責任は増え続けていく。

リストラ候補にだって上がってくる。

以前、正社員なんてなる必要が無いぜって話を友人にしましたが、
ここまで正社員という立場が下がってきてるのに、そこにしがみつこうとするなんて、やっぱ世の中おかしいです。

 

にも関わらず大学生諸君は時期が来ると、いっせいに就活を始めます。

どこの企業が良いか、安泰か、そこを見比べて出来るだけ「勝ち組」と言われる企業へ、
我先にとエントリーして気に入られようと必死になります。
その結果何社も落ちて摩耗して、就活鬱になんてなってしまう人だって沢山居ますが。

だからこそ、この就活一本道な姿勢って、
どう考えても今の時代合ってないですし、考えなおすべきではないかと思うんです。

仕事だけに追われて引退まで何十年も過ごすなんて、
あらゆる事がシステム化して、自動化が活発な昨今でナンセンス過ぎる生き方です。

 

これも何度も言ってますが、
就活をしながら「雇われずに生きていく」方向の可能性だって、真剣に考えてみるべきだと考えます。

窮すれば通ず、でも無いですが、どういう立場であっても、雇われない生き方って出来ます。

僕は常にネットに仕組みを作って、
お金の為に働く事なんてやめませんか?って言ってますけど、
それだけじゃないんですよ。いろんな「選択の自由」が持てる時代なんだよってことが言いたいんです。

 

たとえば、就活をする人が望むのは正社員。

目標を正社員にして、もしもうまくいかないのなら、
「非正規でもしょうがない」なんて考え方をするようになりますが、
もし仮に「雇われずに生きようか」ってなったら、発想なんてどんどん生まれてくると思うのです。

自分はいずれ独立するが、
今は資金力も無いから、どこかでお金を貯める必用がある。その準備をしよう!
そのための雇われ方はどうすればいいか?パートでもアルバイトでも良いのではないか?
もしくは堅実的な別の稼ぎ方もあるんじゃないか?という考え方が生まれてくるハズです。

 

非正規雇用者よりも正規の方がエラいみたいな考えは、
世の中に浸透しきっていますが、本来コレって「選択の問題」じゃないかな~と思います。

これほど自由主義で生きていいシステムが整っているのに、
雇用されないと生きていけない!みたいな縛られ方をして生きるのは、窮屈すぎる話です。

だから、今はたまたま景気が傾いていて、
雇用環境が悪いから「正規が良い」って思えてくるだけです。

好況になったら事情は別モンになってきますよ。確実に。

もっと自由主義で生きれば良いんじゃないの?

サラリーマン増えすぎって言われてますが、
これって、サラリーマンに頼りすぎた一般人というかそういう「教育」が問題だなと、思うんです。

 

この本の下巻にも、
今の日本の考え方とリーマン主義のおかしいところを書きなぐっていますが、
給与面も低く抑えられて、身分の安定も万全ではない。

そんな正規職にしがみつこうと必死になるのは、滑稽すぎるなと、思うのです。

雇用組織の基本的構図は、幹部、スペシャリスト(能力者)、その他職(代替出来る仕事)で立ちまわっています。

就活に励んで正社員になったとしても、
仮に「その他職」になってしまった時点で、その先の道は絶望的です。
職種の自動化が活発になってるから、その余波食らう可能性有り)

 

だからこそ雇われない生き方を視野に入れて欲しいし、
逆に何も考えずにサラリーマン生活を続けているのは、今の時代は危うい生き方です。

 

だから思考は大切。何事にも言えますけどね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る