ブログ

逃げることって、そんなにダメなことなのか?

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

Twitterを見ていたら、
神奈川県にある図書館のアカウントが話題を呼んでいました。

bandicam 2016-09-03 06-29-04-803

学校が死ぬほど辛ければ、図書館へどうぞ。

夏休み明けって、子どもが自殺に走る傾向が強いようで・・。
そこで神奈川県の図書館の公式Twitterが、呟いていたのです。

話題が話題を呼んで、共感を呼んで。
10時間くらいで4万リツイートくらいされている呟きです。

 

自殺したくなったら図書館へ。逃げたくなったら、図書館がある。

発端は米国の図書館に貼られてたポスターの文言からなんですけど、
たしかにこういう言葉が出てくる事により救われる子も多いでしょうね。

元々イジメれっこだった身としては深く納得してます。

 

「自殺するくらいなら、逃げたら良い」「1日だけなら何も言わないって」
何かと窮屈だっていわれるのは、大人も子どもも変わらないのが今の時代。

だからこそ今は、色んな選択肢があって。
そこに逃げ出すという「勇気」だって必要な時が、あるんですよね。

逃げることってそんなにダメなのか?

大多数の大人たちが、
葛藤やジレンマを胸に戦う時に言うのは大抵「逃げるな」って言います。

「目の前の仕事から逃げちゃダメだ」
「今これをあきらめることって、逃げになるからダメ」
「逃げてばか居ては成長できないぞ!」 みたいに。

 

逃げちゃ駄目だ!と、いいますよね。

まぁ、色々やらなければならないことってありますから、
ひとつのことを継続することで得られるモノも、そりゃ沢山あります。

「起業したいけど、ちょっと踏み出せないし」
「今ココで仕事を辞めてしまうのは、逃げになるから嫌だ」

という感じで結果的に「準備中」にしてしまう人も割と多いです。

積み重ねが足りないからダメとか、
自分にはできないのでは?とか。会社辞めても安定した収入なんて無いに等しいとか。
未知の世界に踏み出そうとすればするほど、
不安要素って思いつけば付くほどに、なんかしらのシガラミがやってきます。

 

確かに同意できる部分多いんです。

でも、何かを途中で投げ出すとか、
諦めたりすることが、絶対的に「逃げ」になるとは、僕は思えません。

 

僕は葬祭業をという職種を通して、様々なケースのお葬式を見てきました。

志半ばで脳溢血で倒れてしまった60歳の3人のパパとか、
当時の僕と同い年で28歳で自らこの世を去ってしまった、某大手家電メーカーのエンジニアさんとか、
バイク事故で亡くなった人や。

また、生まれてくる子どもに「男の子が出来ない」という責任を感じて死を選んだ人も居ました。

そういう様々な「死」を見てきた中で思うのは、
当たり前のことを言いますが、やはり人は死んでしまったら終わりで。
与えられた命は一度しかないってこと。

 

そして人というのは。本当に呆気無いほど、アッサリ死んでしまうモノだということ。

どういう大金持ちだろうと恵まれない子どもだろうと、
美人でもブサイクでもエリートでも凡才でも、そこは変わる事はない。
普遍的に人生は、1回きりです。

そういう限られた時間の中、自身の時間をどう使うのかということを、
常に「選択」して、もっといえば「取捨選択」をする必要があります。

捨てるというのも、勇気

どういう選択肢だって、様々な可能性を持っています。

でも、全てを選ぶことって、無理なんです。
だって僕は1人しか居ないし。あなたも1人しか居ません。

今日という1日って、今日だけしか無いワケで。

 

だからこそ、
「逃げちゃダメだ!ここから逃げる事は、絶対にできないんだ!!」って、
そうやって逃げるのダメなんて事ばかり言ってると。

自分が何から逃げてんのか、分からなくなるんじゃないかな~って。そう思うんです。

今やってることって、本当に有益なことなのか?
将来にとって、自分の身に・周りにとって、本当に幸せなことなんだろうか?
毎度言ってますが、考える癖を身につけることって、メッチャ重要。

 

道半ばかもしれない。でも、諦める勇気。
当初決めたことを達成せず。方向を変えてしまう、その勇気。

それを「いや、それは逃げだよ(笑)」ってウスラ笑うヤツだって、そりゃ居るでしょう。

でもそれって、全部逃げということもできれば、逃げじゃないぜっていうことも出来ます。

新しい道に「挑戦する」って意味だし、
もっと言えば、逃げだの挑戦だのってすらも、どうでもいいことです。

 

肝心要の部分。

それは極論「今自分にある命をどう使うか」にかかってくるんです。

 

大袈裟に聞こえるかもしれませんけど、
葬祭の現場は、そういうリアルを嫌でも見せつけてきます。
そういう意味では、その職に就けたこと自体、
僕の人生においてラッキーと言える事だったのかもしれません。

いのちだいじに

だからこそ言いたいんですけど。

逃げとか、諦めるの?? とか、言葉に惑わされるのって、もうやめませんか。

 

一番ダサいのは自分の軸を持ってなくて、
言葉に惑わされまくっているかもしれない「自分自身」なのだと、
覚えておいていただきたいのです。

軸があれば、自分がやれるべきこと。信念に忠実になり、
キチンとやらないとイカンことを見極めて、前進するのは容易になるハズです。

 

自分がどうしたい?どうなりたい?

そこを持ち続けて、自分の人生は自分で舵を取る。

そして踏み出したのだとしたら、
「俺はこの道に進んで後悔は無い」って、自分を褒めれるように、
必死こいて進めばそれで問題ありません。

その道の途中で同じ志を持つ人に出会ったり、
助力してくれる人にだって、出会ったりするハズです。

 

だからこそ「いのちだいじに」して、今を大事に、生きていくようにしませんか?

ココでも言ってますが、今を大切に生きるようにというのは、
真宗系のお坊さんだって、説法の中でいっているくらいです。

今自分の命をどう使いたいかを再確認して、やっていきましょう

追伸

台風が去って天気が良かったので、四万十川へいってきました。

13150992_827916537341614_1738180639_n

場所は高知県の西部。

四万十川というのは、
日本の名水百選に選ばれるくらい水が澄んでて、日本最後の清流とかって言われています。

ダムもないですから、常に水が循環してるので。
新鮮な水が巡り巡ってこういう水質を保っているのでしょうね。

炉端の屋台で鮎も焼いてました。

bandicam 2016-09-03 07-09-08-508

なんでこんなにウメーんだ、っていうくらい超うまかった・・!!!

鮎が居る川ってのが、またスゴイですよね。

パラグライダーしてる人も居ました。

bandicam 2016-09-03 07-14-23-239

以前友人から誘われましたが、
アレ、かなり練習を積まないと出来ないみたいで。特訓を重ねた後に、大空へ舞うことができるんだとか。

・・僕に出来るか・・?

まぁ、今度チャレンジしてみよう。やらずに終わるのは勿体無い。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る