ブログ

もう、働いたら負けでも良いんじゃないかな

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

昨日ふとメールボックスを見ていると、1通のメルマガが届いていました。

僕の尊敬するトップアフィリエイターである、だいぽんさんのメルマガです。
(僕がネットビジネスに参入したキッカケの人ですね)

 

だいぽんさんのメディア運営のテーマは、一貫して「自由」

自身がアルバイト時代、就活が嫌で逃げまわった挙句、
藁にもすがる思いで飛び込んだインターネットビジネスという世界で、
半年後には月100万円の収益を上げるという結果に。それからも㌧㌧と稼ぎ続けて、
山のようにあった親御さんの借金だって返済。

それからというもの、6年~7年間くらいは働き詰めのサラリーマン達を尻目に、
平日の真っ昼間から酒飲んだり昼寝したり、フラ~~ッと旅行行ったりとか、趣味に没頭したりとか。

現代人なら誰でも羨むライフスタイルを実現している方です。

 

最も、こういう世界を体現することができるのも、
インターネットというツールが世に出てきたからこそ。
もしこれが戦後間もない頃などだと、こんな事は出来なかったでしょう。

僕も思いますが、だいぽんさん自身よくメルマガで、
「不景気だのなんだの言ってるけど、ネットがある今の時代に感謝した方が良いよ」
と言ってます。

まぁ、ほんとにその通りです。結局やるかやらないか。

ネットがあってもなくっても、
環境に文句を言うヤツっていつの時代も居るワケで。
自分でどうにかしてやろう!と思わない限り、何も出来ないんですよね。

 

今回のメルマガの出だしでは、
夏休みが終わってこれから秋休み突入しまするという、謎な報告文から始まりました(笑)

朝6時に寝て、昼間に起きる。夕方に朝飯と昼食を食べるという生活。

不規則過ぎて逆に規則正しいような意味不明な生活。
でも、一部の規則ガッチガチに縛られてる社会人にしてみたら、羨望の眼差しで見るような生活でしょう。

それに、
手法とかお得な案件を腐るほど送ってくるアフィリエイターは多く居ますけど、
単純に発信するメディアが「おもしろいから見ている」希少なマーケッターさんの1人です。

ブログやTwitterもされてますので、是非ご覧になってみてください。

働け!ニート達

そのだいぽんさんからのメルマガですが、
「こういう生活ってどうなんだ?」という内容でした。

中身を見てみると・・。

働かない若者、いわゆるニート達を、
芸能人やら経営者の人たち。いわゆる「いっぱしに働いてる大人」が囲んで、
「なんで働かないのか」を糾弾するような動画の紹介でした。

TBS系の番組だったのですが、
youtubeに上がってるリンクを送ってきてくれたので、早速僕も視聴。

どういう奴らが出てくんだろうね~って。ワクワクもんで見ていました。

 

でもね・・。意外にキチンとした考え方してる人が多いなぁ~って感想ですよ。

ニュータイプな人々

社会のしがらみが嫌だから自給自足の生活をしたり、
「俺ってマジおもしれぇ」みたいな感じで可能性を見つけ出す旅(?)に出ようとしたり、
世間に雇われずにアイドル活動をしようと試みたり。

なんというか・・。
その、クソニート筆頭みたいな感じで言われてる佐藤くんのことだけを言えば、
間違いなく新人類の扱いなんですよね。

俺はまだ本気を出してないだけ!!やれる!! って、完全に思い込んじゃってるところ。

世間が俺を認めてないだけで、俺みたいな面白いヤツは認められるべきなんだよね!
なんでみんなわかんねーんだろうな! って、言い切ってしまってる。

 

賛否両論はありまくるでしょうけど、
でもね。メッチャメチャおもしろい考え方してますよ。

結局「俺はまだ本気を出してないだけ(思い込み10,000%」なんですよ。

でも思い込みって大事で。身の程知らずの記事でも言いましたけど、俺には可能性しかネェぜ!!!という、ある種の決意表明です。

 

番組内で加藤社長も彼に対して苦言を呈してましたが、
結果的に「見込みのある。おもしろい」という結論をつけて、育てがいのあるヤツだ。って。
ちゃんと認めてるのが、またおもしろいですよね。
(しかもその時、佐藤くんのツラはチャラ気なし。僕も、この佐藤くんは見込みある人だって感じました)

こういう、ある種の破天荒で従来の型にハマらない(ハマりたがらない)人は、
間違いなく経営者思考を持って人生を突き進んでいくタイプでしょうね。

ユーチューバーになったとしても、大成するでしょうし、
リアルにホストやら事業経営などに乗り出しても、そこそこ行くハズです。
間違いなく就職しても「俺、やってらんねーっすwwっw」って感じで去っていくのは分かりますしww

 

まぁ。僕も社会から一歩はみ出してる人間だから、
こういう人たちの面白さがわかりますけど、世の常識人にしてみたら
「この愚か者共が!!」ってブチギレるレベルですね^^;

現に批判する側のオバ様達からは、非難轟々ですし。

いやいや、あなたちゃんと働いてんじゃん??

また。

募金箱へお金を入れてもらって生活してるというアイドルの人も居て。
また新しい収益活動の仕組みだなぁ~と思ってみていました。

18歳の女の子が、街角へ募金箱を置いて、
自分の活動をしているビラを配って、歌ったりしながら、利ざやを稼ぐ。
そして募金が少ない時は・・。

なんと野宿(笑)

 

スゲー生活してんなって僕は関心しましたけど、
こういうのも「スゴイ」「カワイイ」「応援しよう!」そうやって、
人の心を動かすような、言ってみれば感情マーケティングを行って価値を与えたからこそ、
お金を貰うことが出来てるワケです。

そして、
「路上などで歌って私を応援してくれる人たちも少なからず居る。
そうやって募金活動をして生活は成り立っていますから、私は働く必要が無い」って言ってますが。

 

いやいや、、キチンとあなた働いてるじゃないですか?

僕は働く=価値の等価交換だって思ってるところがあって、
彼女の場合は誰かに感動させた・ココロを動かした、その対価でお金をもらった。ということ。

AKBとか他のアイドルがやってることと、何が違うのかと。

 

じゃあAKBはニートなのか?違いますよね。
彼女らをクソニートとかって非難しようモンなら、AKB劇場の前に吊るし上げられて、
ファンの手によってさらし首決定です。
(時々処刑ツイートが回ってきたりする^^;)

事務所からお金もらう「給料」なら良しとして、
直接いただく「募金」だと働いてる事にはならないというのは、意味不明なのですが。
常識のこういうところ、よくわかんねーなって思います。

 

それに褒めるべきは「自分で稼ぐ!アイドルやろう!誰にも頼らず!」という、
その行動力の凄さであって。

番組の方向のこともあるんでしょうけど、
働け馬鹿野郎って非難するのは、お門違いじゃないかね?って感じます。

というかそれで「働いてない」って言われるなら、じゃあ働かなくても良いぜって思います。

結果的に、まっとうに価値与えてお金になってるならね。良いじゃない、それで。

 

あと、メシをおごってくれたりとか、
男性を何人か作ることによって自分は働かずに済んでいる「仕組み」を作ってる、
学生さんなども出てきてましたけど。

これはハッキリ言いますけど、自分のアイデアでメシ食えてる。そんな収益化の良い例ですよ。

男に「こいつは俺が居ないとダメなんだ」「こいつの為に何かしてあげたい!」
って、いう感じで思わせて。食っている。

さっきのアイドルさんとかと一緒ですね。
応援しようという「感情的価値」が働いてるってことでしょう。

お金のある人たちの貯蓄が、彼女へ消費することによって、社会に還元される。とても良いサイクル。

にも関わらず、その行為自体を非難するばかりで、
社会的貢献度は見ようともしない。ほんと、盲目になってんな~と思います。

 

プラモ作って、売る人も出てきてました。これもまっとう過ぎるビジネスモデル。

 

ギャンブルは僕自身好きじゃないですが、
株やらFXに関しては、企業が活動する上での源泉となりますから、
新しい人を雇い入れることも可能になってくれば新しい商品を開発することにも、繋がるワケです。

あとはまぁ、玉の輿に乗ったらいいみたいな人も居ましたけど。個人的に、NGですね。考え方的に(笑)

ニート万歳

番組全体的に見て。

「雇用契約やら、結婚してない」「週5で働いてない」「月10万以上の収入なし」

そういうことを理由に彼らを社会の一員として認めてないって空気を見ると、
なんというか「時代錯誤的で、残念だなぁ」って思わざるを得ません。

 

テクノロジーが進化してくることにより、
自動化が活発してきて、多種多様な働き方が可能なった現代。

でも、この国で誰にも頼らず。今ある「ツール」を武器に、
自分のチカラで生きていこうと決めた人たちを、どうして常識人の方々は、
自分達の枠組み内に収めたがるのか。

 

少々理解に苦しむところがあります。

人がどういう生活をして、どういう幸せを掴むかなんて、他人が決めれることじゃないです。

週5日で、1日8時間以上の労働基準なんて、
戦後の日本復興時代からずっと続いてる風習で、そろそろ変わっても良い頃かなと感じます。

もちろんお金は必要です。けど、
今の時代は、月10万から20万もあれば、生活出来る水準なワケです。

 

無論、雇用されて生きるだけの時代ではない。

税金は払わないとダメかもしれないですけど、
ユーチューバーの人たちが数万人の視聴者の前で面白いことやって、
それが収益に繋がっているのだとすれば、それだって立派な社会貢献ですし。

でも、社会に価値を与える=社会の仕組み内だけで働くことと思ってる人たちは、まだまだ多いです。

そしてその枠外で稼いでる人たちを、仮にニートだって定義付けされるんなら、ニート万歳だなって感じますよ。僕は。

だからユーチューバーとして人に笑顔を与えてる人よりも、
会社に貢献して働くことこそが、最も美しいお金の稼ぎ方なんだ!と信じて疑わない頭は、
正直どうかしてるぜって感じます。

追伸

ギャンブルで10万から15万くらい稼いで、それは30年か・・。

僕はギャンブルは興味ないですけど、
「ギャンブルのやり方」で稼ぐ方法には興味津々なんですね。

ゴールドラッシュにおけるスコップ屋理論ですな。

 

情報商材出したいなぁ~。アポ取れないかな~(笑)

追伸 2

ただし番組内での、加藤社長の言葉。

ギャンブルで利ざや稼いで生きている彼の姿を、
若い人たちには真似して欲しくはないなぁ~って言ってました。

「彼はもうオジさんだから良い。
でも、ギャンブルは単にお金を回していくだけの生き方。
それじゃ何のために生きてるのかもわからなくなるし、
楽しいかどうかって言ったら楽しくなるなるかもしれない。

やはり新しい何か、コンテンツのようなモノを産み出して、
それが社会に認められる=価値を提供できている、それでお金を貰えるという、
そういう種類の喜びを知ってほしい。

とにかく価値を与えて生きる醍醐味を、
若い世代には味わっていってほしい。」と。

うむ・・。正論であります。

新しいコンテンツを産み出し、
価値を出し続けるからこそ、得られるお金がある。

会社でサラリーをもらって生きるのもひとつの選択肢だし、
そうやって、自分の手で生み出したモノで社会に価値提供するのも。
ひとつの選択肢。色んな選択が出来る時代なんですよね。

それなら、
やはりコンテンツビジネスっていうネットマーケティングは、

今の時代は最も理に適った手法だし、これからも発達していくでしょう。

 

ネットの使い方。

早いウチに学んでおくほうが、
人生においては何かと得ではないかなと、感じるところです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る