ブログ

ライバル不在なんてあるわけがないんですよ・・

メール講座はこちら
詳しくは↑をクリック

bandicam 2015-04-15 15-19-36-624

どうも、ジミィです

インターネットビジネスの歴史が始まって、もう結構長いです

ネットの普及に連れてもそうですし、
近年ではスマホの普及により益々参入者も増えてきました

すなわち僕らのライバルは常に増加傾向だし、
今はyoutube等のSNSアフィリエイトやアドセンス手法も定番化されつつあります

旨味があり、流行りだっていうジャンルには必ず先行者が居るわけだし・・

後出も後出な僕らとしては、
どうやったってライバル達と競い合いながら収益活動を続けていくしかないわけです

僕は2015年2月にまとまった収益を出し、
それから情報発信者としての活動に力を入れています

そうなってから特に思うところがあって、
ネットビジネスを始めたばかりの人・稼げてない人が
凄く恐れている部分があります

それが、飽和とライバルの存在です

ライバル不在なとこなんて、ありません

「Twitterってどうなんですか?もう飽和してんじゃないです?^^;」とか
「せどりって、同じ店でも僕以外にもやってる人いますから・・他に稼げるとこないですか?」とか
「今、ライバルが少ない穴的なジャンルを教えてください!」とか

こういう質問を受けることもあるんですが、

それって「お主、な~んか勘違いしとらんかのぅ?」って思うわけです

あなたにひとつ物を申さなければなりません!

良いでしょうか・・ 僕らがやるのはビジネスです
ネットじゃないにしても、ビジネスってのは競合者が居るのは当然です

特に今は、お金を稼ぐ為ならどこまでもドライになっちゃうって部分が多いです
昔はタブー視されていた葬式に関してだってそう

葬儀業界でも、
今は地方都市ながら葬儀をする為の会館がバンバン建っちゃう時代です

僕は岡山県でも比較的都市部に住んでいますけど、
街中行ったら葬儀会館の道挟んだ向かいに葬儀会館が建ってるっていうワケの分からない事になってますし(^_^;)

ぶっちゃけ「そんなに葬式ばっかするかい( ゚Д゚)」って話です(笑)
だからどのジャンルだって、何をしたって、
お客さんを取るために仁義なきバトルが繰り広げられているんですよね

ライバルが居るので諦める、
他のジャンルに映るっていうのは、おかしな考え方なんです

どうやってライバルと戦うか

じゃあ結局、自ずとライバルと戦う事になるワケですけど

どうやって並居る強豪・先行者達とバトルしていくかっていう事ですが

これはもう、
テクニックも含めてなんですが「努力」しかありませんよ

例えば、ラーメン屋さん通りみたいのが岡山にもあるんですが、
そこに新しく店を構えるとしましょう

もちろん開くのはラーメン屋さんです

でも、
やっぱそこはラーメン屋だらけなので最初っから競合さんと闘う事になるワケです

ちょっと考えただけでも大変ですよ? 競合が多いとこに店を構えるってことはね

じゃあこの店は儲けを出すことが出来ないのか?
と言ったら、そうではないんです\(^o^)/

なぜ、ライバルがひしめき合う中で新参が利益を出せるのか?

ここに焦点を当ててお話をしていきます

今も昔も変わることがないライバルに勝つ為のセオリー

あなたが「ライバル不在じゃないと無理;;」とか思ってるならば特に!
頭に叩き込んでおきましょう\(^o^)/

最後までお読みいただき、ありがとうございましたm(__)m


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理者:ジミィD

⬛「自分らしさ」を武器にITビジネス系の情報発信しているメディアワーカー

⬛そして元声優なアニヲタ

⬛自由と非凡がテーマなバイク乗りで、会社に頼らず生きる考え方と、趣味の事を中心に呟いてます。

⬛Amazonにて 【雇われずに生きるガイドブック】 を上下巻同時出版。ブログランキング1位記念で↓↓から期間限定で無料配信中

電子書籍無料ダウンロードへ

著者略歴

最近の記事

LINE@登録へ

友だち追加数

LINE@で友だちになってくれた人、限定のプレゼントも用意していますので是非是非、申請してくれたらと思います。

友だち申請特典の詳細はこちらへ

是非ポチッてみてください

ページ上部へ戻る