運営理念


 

来ていただいて、ありがとうございます

管理人のジミィDで御座います
(2016年より改名しました)

 

略してジミDとでも呼んでくださって構いません。僕は気にしませんので

 

さて・・

私は現在、インターネツトビジネスにおける、
情報発信者という役目を背負い、今日に至ります

会社員(セレモニーアドバイザー)で培ったまごころを基に

前歴を活かしながらの音声でのお手伝い等も行っている、30代入りたてホヤホヤの男です

 

そんな僕のブログですが。事あるごとに、言われる一言があります

「ネットビジネス系のブログとしてありえない!」

 

ほんと、よく言われるんです、よくも悪くも僕のブログは・・

 

2ちゃんねるのノリ満載の、おふざけモードとして見られる事もあります。実例としてはコレ

・・確かに、他の方のビジネスブログと見比べたら・・ アレですね

 

ノウハウ至上なビジネスブログは、やりたくなかった

 

ですが、今の時代、
ネットビジネスの情報発信をしている人は、
とても居らっしゃいます。有料級のノウハウを出してる人だって、沢山居ますし

 

だからね、僕思うんです
「ノウハウ出すだけのブログって、何がおもしれーんだ?」って

 

最も、ノウハウ求めて検索することは僕もよくありますし、
それが100%に近いほど正解です(こと、情報発信者の姿勢としては)

「+何か」という部分を出したかった

 

正直な話を言いますが、役者・声優(ナレーター)を
していた事もあって目立つこと自体は嫌いじゃありません。むしろガンガンやっていきたい感じ

企業さんとの誓約があってYoutubeへの投稿は多少控えてますが・・。

 

だからなのか、単にノウハウ・スキルだけを披露してて、
見てる人の「心」に何かヒットさせてる事ができているんだろうか?というのもひとつ思うところでもありました

自分×ノウハウ(スキル)

 

「キャラクタービジネス」
なんて言葉を知ったのは、2015年の6月くらいの事です

早いとこ情報発信をしたかった僕は、
「自分が稼げた実績を作った後、どうやれば相手の心に届かせるブログを作れるか」に躍起になっていました

 

そこで考えついたのが、自分 × ノウハウ という形

 

ノウハウだけを出しても、先行者が存在する
自分だけを出しても、ただの日記と化すだけ

 

だとしたら、ネットビジネスの情報発信者なら、
自分のこととネットビジネスをブチ込んで混ぜまくってやりゃ問題ねーじゃん

って考えたんですよね。で、今に至る。ていうワケです

「ビジネスを、ゼロから始める為の教科書」

僕の出しているネットビジネス教材

 

ゼロベースから夢を追うためのスキルを身に付ける為、自分の得意としてるSNS(Twitter)での集客論に加え、
ビジネスにおける基礎マインドや、メルマガやブログの文章の書き方・相手の心を動かす際に有効的な心理操作術等・・

ビジネス0歴~情報発信に取り組むあなたの収益活動を応援しています

 

以下教材を読まれた方の、声の一部

男性 K君

声優がビジネスとか、なんかいやらしい・・。

「また怪しいことやってんじゃないの?」と、最初はおもってしまったことをおぼえています。

ですが、このジミィさんのブログを読んでいくウチにこの人の歩んできた道や、
人柄等が自然と腑に落ちるようになってきたのです。

とくに「自分には何もない。だからこのまま生き続けるしかない」
そんな諦めを持つ人へ、特に響いていくのではないでしょうか。

今でこそ声優としてやられているジミィさんですが、
自分の声にコンプレックスがあったと知った時は驚きました。「それでもやり続ければなんとかなるんじゃないか・・。」

その姿に後押しをされてしまったのは事実なのです。
自分のコンプレックスを見なおして立ち上がってる人には、オーラがあります。
私も家族を抱えている身ですが、しかし今このジミィおにでら・片岡さんという
人物に出会ったことで、さらなる後押しをされたことは事実なのです。

頭が悪くても構わない、馬鹿でも全然OK。ただ単に動きまわる人、それだけが勝つ世界だと教えてくれた、そんな人です。

 

女性 Nさん

オリジナルの大切さを教わりました。
「稼げるから私のところへ」と、誰かのモノマネをすることを教得てる人が多い中、
まねることが大切ながらもオリジナルを出していく重要性を叫ぶジミィさんの声に打たれる所がとても多かったです。

それと「物語の大切さ」を改めて知りました。小説でもないですが、私も自分の略歴を使いこなし記事を書いていこうと思っています。

 

男性 Kさん

業界の闇、そこからの立ち上がり方。
そこを魅せる上手さは、さすがだなと言わせていただきます。

私もコピーライターのはしくれですから、
書くことには自信があったのですが、彼のライティングはそことはまた違う。

例えるなら「ドラマの脚本」なのです

私はそこまで努力もなしにここまでやってこれたので、
挫折もそこまで無く平凡的ではありましたが、つい先日、頭を打つ仕事があり、

そこで挫けてしまう場面が一つ。

誰かの一言で傷ついて挫折感を味わい、
ですが私の挫折など、ジミィさんのそれに比べれば大したことではない。
そう思わされました。 要は行動が足りなかったということなのですね。
これじゃまだまだ、まだやるしかない。その気持ちが無かっただけなのです。

物語性の大切さ・自分を全面的に出していく事の素晴らしさは、
ジミィさんのコンテンツから見て取れます。最初の実績を作り、情報発信を控えている人は是非読まれたほうが良いかと思われます。

 

男性 Yさん

自分を出す。引きこもり・ニート・借金。クソみたいな自分を出したところで、
好かれる要素なんかなにひとつ無いです。と言った瞬間に

「好かれる必要なんてない。おもしろけりゃそれで」と言いのけたこの人に対して、最初は「馬鹿にしてるのか?」と思いました。

しかし、10記事ほど、記事を作り上げたところ共感を呼ぶようなメッセージが来はじめたのです

情報発信が稼げる、そんな事を思って始める人は多いと思いますが、それ以上に「人との繋がりがもてる」というのが情報発信の強みだと
自然と理解出来たのです。

で、その後ドヤッて感じで
「どう?情報発信、悪くないでしょ?(イイ声)」で言われたのには非常にイラッときましたが笑

「どうやって情報発信すればいいのか分からない。」
是非読まれたら良いと思います。そのヒントがここにあります。

 

男性 Dさん

「これまでの人生」の集大成、
それが感じられるレポートでした。確かにノウハウだけを出してるレポートが多い中、
このやり方なら自分だけのファンを作る事が出来ます。

名刺代わりにレポートを作る。それがジミィおにでらの「オンリーワン戦略」だと納得してしまいました。

 

女性 Wさん
ジミィおにでらさん、レポート読ませていただきました。
「成功の反対は失敗じゃなくて、動かなくなること」この言葉の深さに衝撃を受けています。

読み進めていて、「もし自分がこのひとと同じ境遇だったら・・・」と思うとかなり堪えました。

リアルに追体験をしているようでした

今まで自分自身に気づかないふりをしていたのですが、このレポートを読んで、現状そうじゃないと、
自分でも認めて晒け出す強さをもたないととダメだと感じました。

自分自身を見直すきっかけとなるほど、このレポートには熱がこもっていました。本当にありがとうございました。

「参考になった!」だけが教材じゃない

 

一部紹介させていただいたコレらは、
自分の発行してるメルマガの読者さんに読んでもらった感想です

で、いろいろ感想を読んでるウチに気づいたんですよね

 

この教材、SNSの集客知識やブログ作成知識、
ビジネスの基礎知識、GIMPの編集知識、などなどなど・・・・ ノウハウ系コンテンツも沢山あります

ですが皆さん、
読んだから~という感想は送ってくれるんですが、

「勉強になった」とか「このノウハウが参考になった」
という内容じゃなくて「やる気をもらった」「自信をもらった」という意見が大半を占めていたんです。

 

だから思ったんですよ。「参考になった!っていうだけが教材の価値じゃねーんだな・・」って

 

正直、ノウハウだけなら僕以外にも出してる人が沢山います

それよりは、ノウハウ+自分オリジナルというコンテンツを読んでくれて、
僕の歩いてきた道がそのまま励みになってる人が居るんなら、それのほうが断然良いなぁ~って。いただいた声のおかげで、そう考えれるようになりました

 

まぁ、読んでくれてありがたいなぁ~~と思う反面、
「ジミィさんにもできたんですから僕にも出来ますよね!!!!」というメッセージを貰って

「あぁ、 誰 だ っ て !!!! 出来るとも!!!!!!」という力強くも複雑なメッセージを返したことは記憶に新しいですが(笑)

 

とにもかくにも

企業人+声優という、ちょっと一般のレールから
外れた人間でしか味わったことの無い道であり、それら生きた道から学んだ様々な人生スキル

 

それらをコンテンツの一部にブッ込んだのが、この教材

あなたも是非学び得て、ご感想を下さいね


カテゴリー

ページ上部へ戻る