情報商材&ツールとは


bandicam 2016-04-11 23-01-32-580

情報商材って聞いたことありませんか?

それは、
主にオークションや販売サイト・個人を介して売買される(情報)のことで、
その名の通りノウハウ等の情報そのものが売り物となります

形態として、画像やテキスト等のPDFファイル
最近ではyoutube等の動画配信サービスへのリンクを貼ったテキストだけの販売もあります

 

そんな情報商材には、本・書籍と違って、以下の様なメリットがあります

・ 本には書いてないような、具体性の高いノウハウが多い
・ 更新頻度(バージョナップ)が非常に高い
・ ツールやテンプレートなどが、購入したら付いてくるケースも多い

他に、内容は、ダイエットの方法や女性の落とし方・異性からのモテ方、
年金を十倍にまで増やす方法やギャンブル必勝法まで、それこそ星の数ほどのジャンルがありますし、
今現在もバンバン生み出され世に出回っています。

中には販売者から直接サポートが受けられるモノもありますし、
オススメする人(アフィリエイター)によって特典が付けられるのも魅力ですね。

 

あと、デメリットは

☓ 詐欺的な商材がある
☓ 比較的、値段が高い
☓ 中身は見てのお楽しみ率の高さ

等が挙げられます。

 

最近じゃほとんど無くなりましたが、
中には、今じゃ全く使えないノウハウを新商品として出すような商材だってあります。

詐欺的な商材を扱うASPだってあるから注意です。

ただ、本当に役に立つ商材だってありますから、
その辺りの見極めは聞いてくれたらお答え出来る事ならお応えします。

 

僕の使ってるツールの販売者さんや、メールマガジン配信スタンドの運営者さんは、どんな質問にも懇切丁寧に答えてくれるような方です。

ですが、サポート付き!と言ってるのに、売るだけ売って放置するクソ野郎だって存在するのも事実です。

ちゃんと良い物はあり、そして悪い物もある。

さっきも言いましたけど見極めが本当に大切ですね。

今、僕がある程度の成果を出せているのも、情報商材やツールがあったからこそです。

評判の良い品をとにかく使ってみて、定め、
ナケナシのお金を投資したツールをマニュアル見て回してたら、
2ヶ月目で月収16万程が上がってきてました。

 

2015年2月。初の価値観崩壊。

 

お金は会社から貰うもの、汗水働いて稼ぐもの、
そんな常識を真っ向から否定するには僕には十分過ぎる額。

投資額は2万円。それが現在も休むこと無く回り続けてくれているので、
元はじゅ~~~~ぶん過ぎるほどとることが出来てます。

 

このちょっとした成功体験が、
今の師匠のもとへと誘い、
その半年後に月収120万へ突入させ、

今現在、自動化で資産のごとく自分のブログやツールを、24時間フル稼働でお金を生み続ける自動販売機へと成長させました。

 

ただ、これはツールだけじゃなく、
その正しい使い方が書かれてる教材をキチンと学び、人に教わり続けた結果のこと。

だから・・ 本当にエライのは、僕じゃなくて、商材やツールが優秀だったからに過ぎないんですよね。

 

僕が我流でやってたら、さんざっぱら迷った挙句、
ネットワークビジネス失敗直後以上に落ちぶれていたかと。

色々葛藤ありましたけど、あの時の自分には、感謝ですね。

「もったいない」じゃ、何も変わらない

だから、道具(ツール)の存在、参考書(商材)、
そしてそれを教える先生の存在はネットを使って収益活動をするのに、
無くてはならない唯一無二の存在です。

 

ネットビジネス・・知らない世界、ですよね?

 

そんな世界に地図も持たずに単独で突っ込んで行ったら、どうなるでしょうか?
まず間違いなく遭難します。ヘタすれば再起不能な状態にまで陥る可能性もあります。

断言しますが、
参考書から学んで道具を使いこなす人と、それらを使わずに独学・手作業で全て行う人とは、
間違いなく雲泥の差が出ます。それこそ勝負になりません。

 

良いツール、良い教材は、使いこなせば自分の一生モノの財産となります。

 

わずか半年から1年で、
サラリーマンの給与をブッコ抜く非凡な結果を求めるなら、
多少の無理はしてでも購入すべきだと考えます。

 

良い商材、良いツール。悪い商材、悪いツール。沢山買ってその都度、試してきました。

 

コチラでオススメするのは
起動直後から最短で稼ぎ出し今現在も現役バリバリなツールや、
学んでみて、間違いなく知的・実質的な財産となる商材とツール類です。

まずはこれからお伝えする商材を参考にして、吟味してください。
これで詐欺商材をつかまされる心配は無くなります。

bandicam 2016-04-12 22-50-21-188


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る