ビギナーズ(初心者様へ)


bandicam 2016-04-11 19-23-30-396

副業からでも始めれる、インターネットビジネス

ネットで稼ぐ?
なんか怪しいし、よくわからないし、
パソコンのスキルなんてスマホポチるくらいしか出来ないし・・。

 

ぶっちゃけ、スマホがイジれりゃ十分素質アリです。

 

PCやネットに関する知識がなくても、
忙しい最中で時間なんて全く無くても、資金なんてほぼゼロからでも、
全くと言っていいほど問題ありません。

今までビジネスというものに興味無しって言われるかもしれませんし、
周りに相談出来るような仲間だって居ないかもしれませんね。

家族や友人、その他親族や大事な人に反対されるかもしれないし、
漠然と取り組んだことのない世界に不安だってあるやもしれないでしょう。

でもね、全然問題ないんです。

自分で言うのもなんですが、僕は頭良くありません。
高校の頃、そもそも大学なんて行く気無し。

中高、一貫して5教科合計200点以上が無し。
英検5級に落ちた経験がアリ。

順位なんてビリから数えた方が圧倒的に早かったですね。

クラスでみんな持ってる資格を、僕だけが持ってなかったりしましたし、
先生から「オマエは将来なんの仕事に就くんだろうな(苦笑)」と言われ、
パソコンのスキルもTwitterで呟くかyoutube見るか程度しか出来ませんでした。

 

そんな学力最低な超絶劣等生でも、副業月収100万超えの世界へフツーに突入出来るんです。

 

これでも
「ジミィは昔からネット使ったりパソコン出来たから稼げたんだろ?」
「センスがあるから、サイトやら作れたり売れたり出来るんじゃないの?」
みたいに、稼ぐためには特別な技術が必要だって考えますか?

 

違いますよね? 誰だってやれば出来るんですよ。

 

スキル・ノウハウの類は、もちろんあって然るべきです
ですけど、あくまでそれは「有利」なだけであって絶対条件じゃありません。

実際、僕はHTML操作だのプログラムコードを書いたりだの、
そんなこと毛ほども出来ませんしサイト作成なんて道具(ツール)がないと何もする事が出来ません。

 

大事なのは、その世界を知った時点で、
「しっかりその道のやり方を覚えて実践した」これだけなんです。

そこにセンスだの才能だのって言葉は一切無いんです。
単純に「動きまわった・行動した」それだけで、
世のサラリーマンの4倍から5倍以上を稼げたりしています。

 

文章力だって、最初の頃はヒドイモンでした^^;
ですけど真面目に取り組めば、本業の月収額に迫るくらいなら、
フツーに稼げてしまうのがネットなんです

本気で非常識に生きたいと思った結果・・

今も会社員として働いており、
働き盛りと言われる世代に突入していますが、
僕は出世欲も、大企業で成り上がりたいという欲も皆無。

 

それどころかお金の為に仕事をするという当たり前の事ですら、大否定中です。

なぜなら、汗水垂らして働かなくても、
収益が上がるという仕組みを作り方を知ってしまってるから。

 

月に10万から20万が定期的に。
頑張った月には数百万程度稼げる程度には、自分の媒介を成長させる事が可能となりました。

 

インターネットビジネスで成功を収めた場合、
まず「お金の為にイヤイヤ仕事をする」という事から開放されます。

しっかりと収益化の仕組みを作り上げた後、自分に待っているのは
「時間に縛られた日本人として当たり前の生活」から
非常識なほど開放された世界へ飛び出すことが出来ます。

「何もしない」を、はじめようと思う。

やりたいことを夏休みのごとく謳歌するのも、
挫折していた夢を再び掴もうと挑戦するのも、
好きな人といつまでも一緒に居ようとするのも、
フラフラ足の向くまま旅に出て何日も放浪し続けるのも、なんだって可能です。

 

日本社会の常識という常識を否定できるので、自分でルールを決めることも容易いのです。

 

場所に縛られる事がなくなるので、
ネット環境さえあれば、ちょこっと作業だけやって、
あとはひたすらゲームしたりプラモ作ったり、絵や漫画を描いたり、楽器弾いたり歌を歌ったり、24時間お芝居をしたり指導したり、本気で好きな事のみに没頭することが出来ます。

無論、眠い中、時間通り会社にイヤイヤ出勤する必要もありません。

 

やりたいことをやりたいだけ。そんなわがまま放題な大人を体現できます。

 

一緒に居たい人といつまでも居れますから、
仕事の都合で帰れないとか休み返上で子供や家族に泣かれる事もなくなるし、
仕事の都合で友だちと遊べない、恋人と一緒に居れない、
仕事の都合で映画を見たり旅行をしたりしたいことを制限する事もなくなります。
それというのもネットを使うことにより「いつでも夢を追える選択の自由人」となれるから。

だから本当に意味の自分本位な時間管理を実現させる事が可能です。

人生って、夢だらけなので

金銭や時間、場所や身体・精神、
日本人が束縛されている、仕事=お金という概念から、
スッカリ開放されると、ありとあらゆる束縛が無くなってしまいました。
パソコン一台でアッサリ100万程度の、
月収レベルを軽く超える人なんて僕が知ってるだけでもワンサカ居ます。

だから僕も価値観の合う、そういう起業家連中とツルむ事が多くなってきました。

 

まだ高校生なのにyou tubeとTwitterで収益をあげていたり、
40歳で一念発起して起業して、月収5万のサイトを何十個も運営してたり、
月収200~300万あげている薬品会社の元営業部長さんだったり、
月収2000万超えの元メジャーアーティストだったりとか、

 

この世界には「元・◯◯」と言われる方も多いです。
しかしそれ以上に、元会社員で知識も人脈も何も持ってなかった、ごく平凡な人しか居ません。
(あくまで自分の周りには)

右のポケットに夢、左のポケットに辞表

ちなみに僕も「元・声優」という一応の肩書はありますが、もちろん今は平凡な会社員。

ですが
「仕事が好きだから、今の会社が好きだから居だける。嫌なら辞めてしまう」
という社会通念的に見ても変人で非凡な部類に入る、マイペースなワガママ野郎となってしまってます。

 

お金のため、身を粉にして働く事だけが、人の生きる道として正しいことではない。今はそう感じてなりません。

それというのも、お金をほっぽらかしで発生させる、
そんな仕組みを作ったお陰で「お金の悩み」から開放された世界を歩き続けているからです。

 

個人でも少ない元手でビジネスを始めれる事ができる、
現代のインターネット人口=1億人を相手取ったビジネススキルを、手に入れたから。その環境を整えているからなんです。

 

これらのライフスタイル、
つまり副業からインターネットを軸に起業の道に進む人間は、
この十年で激的な増加傾向にあります。

これからもガンガン増え続けていくでしょうし、
起業が当たり前の世の中になるまで、そう時間はかからないと思ってます。

 

「会社で人生を全うする」のが常識だという時代は、段々と終わりつつあるなぁ~というのが実感です。

「いま」に必死になることは、「つぎ」に進むこと

と・・言っても、

ネットを使って夢を叶えたい、自由になりたい、月収3桁超えてみたい、
そんな「非凡・非常識」といわれる世界を目指すなら、ある程度の行動力は必要です。

 

僕自身、ガムシャラになって文章力や、
マーケティングスキルを身につけたし、失敗だって山ほどしました。

ネットワークビジネス(MLM)で友人誘いまくって今だに連絡取れない人は居ますし、
お金の使い方を誤ってピンチに陥った時だって何度もあります。

その度に学習し、再起し、
やり続けた結果、ようやくある程度の「選択の自由・夢を追い続ける権利」
を手にする事ができたんです。

何も学習や勉強せずに、夢を追い続けれる状態になった人を僕は知りません。

 

普通のサラリーマンがどうやっても辿りつけない、
非凡な世界へ到達しようというのですから、相応の努力は必然なのです。

 

しかも、正しい道筋に沿った、正しい努力が必須です。

どれだけガムシャラに歩き続けようと、
道が違ったら、体力がキレてリタイア。ゴールへ辿り着くのは無理なんです。

あなたが決めることが、未来になる

だから、失敗の伝道師・このジミィDが言いますが、
「ネットを使って選択の自由を手に入れて夢を追い続ける」
と考えてるのなら手当たり次第に何でもかんでもやり続けるのは、お止め下さい。

 

自分自身でも沢山の失敗を重ねましたが、自分以外の挫折者・失敗者も沢山見てきました。

 

そういう人達に共通しているのが、
「考え方・思考法や計画基準も無いのに、なんでも無闇にガッツいて、
 中途半端な結果になってる。」ということ

テキトーにビジネスをやっても駄目で、
「しっかり吟味した上で、頭を一度カラッポにして、今、目の前の事だけ」を
集中してやり遂げる、ということ。

それ以外は夢や自由には繋がっていません。
辿り着くのは100%に近いほど、果てしないノウハウコレクターという名の泥沼なので、気をつけてくださいね。

 

ここからは、ネットビジネスで結果を出すための、
最低必要だと思うような知識を書き綴っています。

失敗をしたくない!遠回りも嫌だ!
それならまずは以下の項目へ、上から順番に目を通される事をオススメします。

情報商材&ツールとは

オススメ商材&ツール

夢を追い続けるためのシンプルな道筋

大きく稼ぐための最短ルートとは

非凡ライフの歩きかた


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ページ上部へ戻る